2021年01月30日

PERGEAR 25mm F1.8を早速、試してみた

 パーギア25mm F1.8を早速、試してみた。ボディはもちろん(?)GM1である。絞りはすべて開放で撮ってみた。

21.1.303.jpg

21.1.304.jpg

21.1.305.jpg

21.1.306.jpg

21.1.307.jpg

21.1.308.jpg

21.1.309.jpg

21.1.3010.jpg

 まず撮ってみて、ピント面のシャープさに驚く。見事な解像度だ。この手の激安レンズは絞り開放だと描写が甘いのだが、ピント面はシャキッとしていて絞り開放から積極的に使える。周辺ももっと流れたり滲んだりするレンズが多いのだが、ルミックスやオリンパスより劣るものの、決して悪くない。価格を考えるととんでもないことだ。
 ボケもなめらかだし、色乗りも良い。最短撮影距離はスペック上は20cmだが、実際はそこまでは寄れない感じ。25cmくらいだろう。ルミックス25mm F1.7の方がソツがない写りをするが、その分素っ気ない感じもある。その点、パーギアはちょっと惹かれるものがある。評判が良かったので悪くはないとは思っていたが、正直ここまで良いとは思わなかった。
 GM1との組み合わせも、グリップなしでもマッチするサイズ感と、小さいのに存在感がある質感でかなり気に入った。13年前のミラーレスと実売6千円未満のレンズの組み合わせとは思えない写りを見せてくれる。GM1の常用レンズはパーギアになりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188355080

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ