2021年02月01日

スチル撮影に特化したミラーレスが欲しい

 今のミラーレスカメラは、4K動画が撮れるのが当たり前になりつつある。僕は基本的には動画は撮らないから、スチル撮影に特化したカメラの方が具合が良い。なのでG9 PROを導入したわけだが、そのG9 PROですら動画を得意とするルミックス製品だけあって、その性能は決して悪くない。だが、個人的には動画は撮れなくていいから、もう少しコンパクトにして欲しいとは思っている。
 液晶モニターがバリアングルが主流になってきているのも、間違い無く動画を考えてのことだ。 G9 PROもE-M1 mark IIもバリアングルだ。そう言えば、以前使っていたGX8も6D mark IIもそう。そういう意味では、僕はバリアングルには慣れている方ではある。しかし、スチル撮影をメインに考えると、ルミックスS1や富士フイルムX-T3のような、3軸チルトがベストのような気がする。
 僕が富士フイルムX-E4に期待したのも、コンパクトさを維持しながらのスチル撮影の性能アップだった。実際登場したものは、画質は向上しているものの、使い勝手が微妙な気がして二の足を踏んでいる。
 レンズも含めた性能もユーザーインターフェイスも優れたルミックスに、マイクロフォーサーズで完全にスチル撮影に特化したモデルをリリースして欲しいと思っているのだが、動画を得意とするルミックスだから絶対にそれはないだろう。そうなると、可能性があるのは富士フイルムだ。X-T4をベースに3軸チルト液晶にし、もう少しグリップを大きく深くし、動画機能をカットする。おそらく、それに近いのはX-H1の後継、X-H2だろう。それでも動画機能は絶対カットされないと思うが。
 動画を重要視する人が増えたとは言え、スチル撮影のみを特化させたカメラを求める声は意外に多い。フルサイズ以上はレンズもボディも大きく重く高価になるので、ここはAPS-Cかマイクロフォーサーズでリリースして欲しいものだ。
posted by 坂本竜男 at 21:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188361993

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ