2021年02月19日

TTArtisan 35mm F1.4CをG9 PROで試す

 今日は天気も良いので、TTArtisan 35mm F1.4CをG9 PROで試してみた。基本的には絞り開放での撮影である。

21.2.193.jpg
 いきなりこの解像感に驚く。立体感もしっかり出てるし、抜けも良い。手前の草はグルグルボケの傾向が見られる。周辺減光はあるが、気にならないレベル。

21.2.194.jpg

21.2.195.jpg
 パープルフリンジはさすがに多め。これは仕方がないか。

21.2.196.jpg
 不思議な立体感と空気感。ここでは周辺減光は多めだが、それが逆に良い効果を生んでいる。しかし、同じ絞りのはずなのに、なぜここまで周辺減光の差が出るのだろう?

21.2.197.jpg

21.2.198.jpg

 空気感と湿度感がしっかり出ている。明るいレンズなので、暗い場所でも使いやすい。

21.2.199.jpg

 立体感も解像感もあるが、抜けの良さが光る。好きな描写だ。ちょっと、富岡光学っぽい?

 TTArtisan 35mm F1.4Cは、ボディの性能が上がるとさらに表現力を見せてくれた。解像感の高さ、立体感、抜けの良さはかなりのもの。「価格にしては」という言葉は必要なく、普通にクォリティが高い。
 もちろん、周辺減光が目立つケースもあるし、パープルフリンジは多めに出る。それに、背景次第ではボケがうるさく感じることもある。だが、それらを踏まえて対処して撮れば、なめらかなボケを得ることができるし、弱点もそこまで気にならないはずだ。
 TTArtisan はライカMマウントのレンズを作っているだけあって、描写力の高さが光った。色乗りの良さもライカを思わせる。これは他のレンズにも自ずと期待してしまう。50mm F1.2なんかスゴく気になるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188417662

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ