2021年03月28日

富士フイルム X-E4に触れる

 昨日、福岡へ行った時に、博多のヨドバシカメラでX-E4を扱わせてもらった。
 大きさはちょうど良い感じでスナップにはぴったり。そして、それ以上に軽い感じがした。GX7 mark IIIより明らかに軽い。見た目も良いし、質感はすごく高級感を感じるわけではないが、程よく良い感じだ。
 フラットになった分デザインは洗練度が増したと思うが、グリップ感はかなり乏しい。そのまま使うなら小さな単焦点レンズがベストだろう。おそらく別売りのグリップかハンドストラップは必須。後付けのグリップは元々のデザインの良さをスポイルするので、個人的にはハンドストラップだけで対応したくなる。このあたりは難しいところだ。
 タッチパネルの操作性はまぁまぁ。X-T30よりよく感じる。とはいえ、ルミックスには及ばない。AFは速いものの、他の操作性も決して良いとは言えない。この点ではX-T4やX-S10の方が僕には使いやすかった。これは慣れが必要だろう。

 X-E4には期待感が高かっただけに、触れた後はちょっと物足りなさも感じた。これならあと2万円出して、X-S10を買った方が幸せになれそう。しかし、深いグリップのおかげでちょっと嵩張る。参考にGX7 mark IIIも改めて扱わせてもらったが、やはり操作性はこちらの方がしっくりくる。今のところ、マイクロフォーサーズを強化することに集中するのが良さそうだ。
posted by 坂本竜男 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188528698

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ