2021年04月28日

七工匠 35mm F0.95 試し撮り

 早速、七工匠 35mm F0.95の試し撮りに出かけた。ボディはG9 PROである。

21.4.283.jpg

21.4.284.jpg

21.4.289.jpg

 やはりF0.95の世界はすごい。被写界深度はとても浅い。ピント合わせはとてもシビアだが、ピントの山は掴みやすい。
 ピント面は絞り開放でも十分にシャープ。前後のボケはなめらかで綺麗。ボケの量も多い。まるでフルサイズのようだ。色乗りも良くコントラストも高め。想像以上に優等生だ。

21.4.285.jpg

21.4.286.jpg

21.4.287.jpg

21.4.288.jpg

 同じ七工匠35mmでも、F1.2とF0.95では全く描写が違うのに驚く。F1.2の方がはるかにじゃじゃ馬。ボケそのものはやわらかくて良いのだが、基本的に描写はソフトで周辺は絞っても乱れる。F0.95は絞り開放から十分なシャープネスを備えていて、周辺減光もほとんどなく、はるかに実用的。同じメーカーとは思えないほどだ。少々重くはあるが、G9 PROとの組み合わせはバランスも悪くない。これで3万円を切る価格はまさにバーゲンプライス。マニュアルフォーカスが苦でなければ買って損がないレンズだ。
 このレンズはやはり花やポートレートがよく合う。今度はポートレートを撮りたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 16:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188622183

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ