2021年04月30日

3本の35mm

21.4.302.jpg

 気がつけば、35mm単焦点レンズが3本に。しかも全てマニュアルレンズだ。
 最初に買ったのは七工匠35mm F1.2(写真中)。少々じゃじゃ馬なレンズだが、やわらかい描写とボケはこのレンズならでは。うまくハマると面白い画を見せてくれる。ただ、実用的かと言われれば、真逆の趣味的レンズだ。
 次は銘匠光学35mm F1.4(写真右)。なんと販売価格が9,000円を切るレンズだがビルドクォリティは高く、写りも良い。絞り開放でもピント面の解像度はある程度確保されており、十分に仕事でも使える。コンパクトで使いやすいレンズ。
 そして、導入したばかりの七工匠35mm F0.95(写真左)。F0.95の世界は圧倒的。絞り開放から使える解像度を持ちながら、やわらかで大きなボケは魅力的。中一光学SPEEDMASTER 25mmと並んで、今一番お気に入りのレンズだ。

 さすがに同じ焦点距離で3本も揃うと、稼働率が下がるレンズが出てくるのは間違いない。本当は七工匠F0.95だけで事足りるのだが、マイクロフォーサーズ用レンズとしては少々重たい。軽量コンパクトで写りも良い銘匠光学をGM1用に残し、七工匠F1.2は手放しても良いかもしれない。
 あ、そういえば25mm単焦点も3本あるのだった。こちらは3本とも間違いなく出番があるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188628241

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ