2021年07月23日

LAOWA Argus CF 33mm F0.95 APO

LAOWA-33mm-F0.95-APS-C-1.jpeg

 個性的なレンズをリリースし続けているLAOWAから、Argus CF 33mm F0.95 APOの予約販売が開始された。キヤノンRF・ソニーE・富士フイルムXに対応するAPS-C用レンズで、35mm換算で50mm相当。F1.0を超える明るさを誇る標準単焦点レンズになる。
 作例を見る限り、フルサイズを思わせる滑らかで豊かなボケが印象的。ピント面の解像度もしっかりと確保されているように見える。APS-C用レンズ賭してはちょっと大きくて重いが、フルサイズでほぼ同等のボケ量になる50mm F1.4だとレンズはもっと大きく重くなるし、撮影最短距離もちょっと遠い。そういう意味では使いやすいレンズと言えるかも。
 ただ、マニュアルレンズだし、価格も7万円を切るぐらいで決して安くはない。とはいえ、ちょっと使ってみたくなるレンズではある。
 こういったAPS-C用の面白いレンズが増えてくると、またXマウントが気になってくるんだよなぁ。困ったものだ。
posted by 坂本竜男 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188865085

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ