2021年07月24日

東京オリンピックについて

 ついに東京オリンピックが開幕。TVは、ほぼオリンピック一色だ。
 そんな中、コロナは全く収まってないどころか、地方でも感染者が増えている。本来ならオリンピックをやっている場合ではないはずなのだが、報道はオリンピック中心。うまく焦点をずらされた気がしなくもない。
 個人的には東京オリンピックはずっと反対の立場をとってきた。だが、今更中止できるはずもない。ならば感染者もできるだけ少なく、無事に終わることを願うべきではないだろうか。始まってしまっているのに未だに行われている反対デモも、何か違うのでは?と思うのだが。
 そして、アスリートの人たちに必要以上の期待やプレッシャーがかかっているようにも見えてしまうのがとても気になる。コロナ禍の閉塞感を吹き飛ばして欲しい気持ちはよくわかるが、少なくとも政治家がそれに乗っかりすぎるのはどうだろうかね?
posted by 坂本竜男 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188868779

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ