2021年07月28日

NOKTON 35mm F1.2 X-mount 来月に登場

0011.jpeg

 コシナが「VOIGTLÄNDER(フォクトレンダー)」ブランドの新製品として、富士フイルムXマウント向け交換レンズ「NOKTON 35mm F1.2 X-mount」を発表。8月中の発売を予定。価格は85,800円。
 富士フイルム X-E3をMFレンズの母艦として検討し始めたら、こんなニュースが目に止まった。
 「電子接点を搭載してレンズとボディ間での電気通信を実現。Exif情報の伝達やフォーカスチェック、パララックス補正、撮影距離連動表示に対応し、対応するボディとのボディ内手ブレ補正も行える。」とのことだが、残念ながらX-E3は未対応。これを活かすならX-T4、X-T3、X-T2、X-H1、X-3Pro、X-T30、X-S10、X-E4が必要。X-T2が対応しているのなら、X-E3にも対応させて欲しい気もするが、これは仕方がない。
 作例を見る限りかなり良さそうなのだが、サブ用としてはちょっと高いか。とはいえ、気になるレンズであることは間違いない。やはり富士フイルムXマウントは勢いがある。マイクロフォーサーズも頑張って欲しいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188877589

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ