2021年08月05日

初めての大魚神社(2

21.8.418.jpg

21.8.419.jpg

 再び、大魚神社へ。時間は午後4時。だいぶ潮が満ちてきた。荷揚げ用の作業用道路(海中道路)が沈み始めているのが目に見えてよくわかる。間近で月の引力を見ているのだ!

21.8.420.jpg

 鳥居にもだいぶ海面が迫ってきた。目に見えて海が迫ってくる。

21.8.421.jpg

 午後5時。ついに海面はここまできた。

21.8.422.jpg

21.8.423.jpg

 午後5時を過ぎると、もう鳥居は海水に浸かってしまっている。これからさらに水位は上がり、最終的には鳥居の半分以上の高さまで水位は上がるそうだ。この干満差がもたらす神秘的な光景は、大魚神社ならでは。次は朝から夜までじっくり時間をかけて、この潮の満ち引きが作り出す光景を堪能したいな。
posted by 坂本竜男 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188898310

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ