2021年10月05日

オリンパス7-14mm PROで練習する

 dp0 quattroを買う前に、手持ちの機材で練習。オリンパス7-14mm F2.8 PRO + E-M1 mark II。マイクロフォーサーズ随一の高解像度で歪みの少ない超広角レンズ。これをちゃんと使えなければ、dp0 quattroを買ってもおそらく無駄になる。そう思って、久しぶりに持ち出してみた。

21.10.52.jpg

21.10.51.jpg

21.10.53.jpg

21.10.55.jpg

21.10.54.jpg

21.10.56.jpg

 う〜〜ん、やっぱり難しい。僕はいかにも超広角と言いた感じの写真はあまり好きではない。超広角でしか撮れないのに、超広角とは一見気づかないような写真が僕の目標だ。そして、建築写真のように垂直線がキッチリ垂直になるのが理想的。だが、それは物理的にできないケースも多々あるから難しい。それに、それらを踏まえるとフレーミングはかなりシビアだ。正直、三脚を持ち出すべきだったと思う。
 それでも、バリアングルモニターを活用してのハイアングル・ローアングルの撮影はかなり有効だった。それができないdp quattroを思うとゾッとする。おそらく全然ダメで打ちのめされてただろう。もっと手持ちの機材を使いこなせるようにならないとダメだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189043568

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ