2021年10月29日

渡邊琢磨映像作品展「ラストアフタヌーン」

21.10.291.jpg

21.10.292.jpg

21.10.293.jpg

21.10.294.jpg

21.10.295.jpg

 今日は午後から湯布院。目的は、由布院アルテジオで開催中の渡邊琢磨映像作品展「ラストアフタヌーン」。音楽家 渡邊琢磨さんの映像と音楽の実験的なインスタレーションだ。
 渡邊琢磨さんは2008年のデヴィッド・シルヴィアンのワールドツアーに参加しているほどの人で、僕の大好きな音楽性を持った音楽家。会場でかかっている音楽は、どこかブライアン・イーノのアンビエントミュージックを思わせるものがあった(そういえばイーノの作品にサースデイ・アフタヌーンってあったよね)。
 今回の展覧会は日常の中になる不確かな景色や違和感をテーマにしている。僕自身、長距離を運転している時に起きる不思議な感覚(違和感とトリップ感)があって、それを形にして音楽とともに見せられている気がした。
 一見(聴)、尖ったわかりにくい展示に見えて、自分の経験や感覚とリンクする不思議さ。会場を出るときには、渡邊琢磨さんに不思議な親近感を抱いていた。
posted by 坂本竜男 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189100765

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ