2021年11月17日

英彦山の「フォント」

21.11.1624.jpg

 英彦山の銅鳥居に掲げられている「英彦山」の文字。これは一つの完成されたフォントだ。勘亭流や相撲文字など、江戸文化にルーツのある肉太の書体に通じる力強さがあるが、それらとは違う荘厳さを感じるのは僕だけだろうか。日本のフォントデザインの奥深さと面白さが表れている。勉強になるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189141925

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ