2021年11月25日

実は、これ一つで解決する?

 今日の撮影も含めて、手持ちの機材では少し厳しいかな〜と思うシーンはいくつかあった。夜の撮影。暗所で屋内のやや狭い空間。そん中で、いざというときに被写体を際立たせたい。
 フルサイズなら、大三元レンズの超広角と標準ズームだったらなんとかなるケース。マイクロフォーサーズだと大三元では不可能ではないが、ちょっとだけ厳しい。
 でも、マイクロフォーサーズにはこんなレンズがあったのだった。

 F1.7 ASPH..jpeg

 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH.。これなら35mm換算で20〜50mmをF1.7の明るさでカバーできる。このレンズならマイクロフォーサーズのデメリットをかなり潰せてしまう。これは欲しい!
 でも、価格がネック。新品でも20万円近くする。中古でも15〜16万円から。フルサイズのシグマfpが買えてしまう。ミクロフォーサーズを徹底的に強化するのであれば、必須とも言えなくはないレンズだが……。画質も含めて良いのは分かっているだけに、とても悩ましい。マイクロフォーサーズは他のフォーマットよりも安価で良いレンズが手に入るが、さすがにこれは高いよねぇ〜。
posted by 坂本竜男 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189159654

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ