2021年12月11日

印刷の多様化へ

 効率化とコスト削減の両方の意味で、近年は印刷に関しては仕様を限定してきた。実際、印刷会社さんもそういったところが増えてきたように感じる。
 しかし、特殊な印刷・加工・紙質の要望は少ないがないわけではない。これからむしろ、これからは無視できない存在になるのではないか?そう感じるようになっってきた。
 コストよりも他とは違う質感や表現を大事にする人が増えつつあるのではないか。それにキチンと対応するのがデザイナーの務めではないか。そこで、ネットだけではなく、実際にいろいろな業者さんと会って広げていくことが必要だと感じている。
 でも、これは以前では当たり前のことだったのだ。それがいつの間にかネット中心に変わってしまった。これからは原点に還るつもりで、動いていかなければ!
posted by 坂本竜男 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189194393

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ