2021年12月30日

良いレンズありき

21.12.305.jpg

 シグマ 56mm F1.4 DC DNとG9 PROの組み合わせがあまりに良く、上位フォーマットへの欲望がだいぶ薄らいでいる。シグマの同シリーズの他のレンズも欲しくなってしまったくらいだ。
 もちろん、これがAPS-Cやフルサイズになると、センサーの大きさからくるメリットは大きくなる。だが、同時に大きさやコストなどデメリットも増えてくる。となると、このくらいのコストとサイズ感で、この写りを得ることができれば十分ではないか、となってしまうのだ。当たり前の話だが、カメラは良いレンズありきなのである。
 その良いレンズが、マイクロフォーサーズの場合、安価で程よい大きさのものが多く存在する。このことはもっと認識されるべきである。もちろん、フルサイズが有利な部分は多々あるが、それ以上のメリットがマイクロフォーサーズにはしっかりある。シグマ56mmで撮ったデータを見直しながら、改めてそんなことを思ってしまった。
posted by 坂本竜男 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189237236

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ