2022年03月17日

手音のコーヒーという「特別」

22.3.173.jpg

 ラーメンのあとは、手音さんでコーヒー。いつものように深煎り(というより極深)のブレンド「薫」をいただいた。
 実はここ数年、家で飲むコーヒーは中深くらいの焙煎が丁度よく、浅煎りや極深煎りはあまり飲まなくなってしまっていた。だが、特別なお店で飲む極深はやはり美味しく、他には変え難い魅力がある。手音さんのコーヒーはまさにそんな存在なのだ。
 一時はお店の味を自宅でも再現したくて散々挑戦したのだが、当たり前だがお店には敵わない。そのうちに家で毎日飲むコーヒーはもう少し焙煎は浅くい方が具合が良いな〜という感じになり、極深煎りのコーヒーは手音さんだけで飲むようになった。だから、手音さんで飲むコーヒーは「特別」な存在なのだ。
posted by 坂本竜男 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189404421

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ