2022年04月04日

まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう

22.4.41.jpg

 今年の春に出たばかりのオードリー・タンの著書(正確には著書ではないが)を購入した。
 未来に不安を感じている人がより多くなっている中、それでも「未来は明るい」と言い切る彼の話には、「なるほど」と目から鱗の気づきや発見がたくさんある。自分の認識が微妙に間違っていたこともたくさん気づく。それらに気付きながら、未来を作ることが特別なことではなく、誰しもができることだということをちゃんと認識できる。そんな一冊。今だからこそ読んでおきたい本だね。
posted by 坂本竜男 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189442943

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ