2022年04月05日

HS5のセッティングを少しいじってみた

22.4.51.jpg

 備前焼のインシュレーター「緋襷」が余っていたので、HS5に敷いてみた。ティップとの併用。前1・後2の3点支持である。
 音はさらに抜けが良くなり、アタック感がより出るようになった。音も少し締まった。若干解像度も上がっているように感じる。緋襷の効果と、高さが上がったのも良かったのだろう。トータルでは良い変化だ。

22.4.52.jpg

 全体のセッティングはこんな感じ。さらにスピーカーの位置を微調整した。少し斜めになっているのは、リスニングポイントに対して、スピーカーの距離を調整し直したからである。壁に対してやや斜めになるので、定在波などを考えても音質的には有利なはずだ。
 今はアナログだけだが、もう少ししたらデジタルが入ってくる。DACとPCをどう置くか。DACはともかく、PCの置き場が悩みどころ。もう少しレコードラックの上を整理しなければ。
posted by 坂本竜男 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189444955

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ