2022年04月18日

「あがり」が近い?

 ソニーBDP-S1500を導入したことで、CD、サブスク、LPと3種類の音源を楽しめるようになった。
 現時点で一番音が良いと感じるのはCDで、次がUSB接続で聴くサブスク(Spotify)。Bluetoothで聴くサブスクとLPが同じくらい、という感覚だ。いずれも価格を超えた良い音質だと感じるが、さらに素晴らしいのはいずれもまだ伸び代がある点だ。
 CDはリッピングして聴けば(この時点でCDを聴くということにはならなくなるが)さらに良くなるし、Spotifyも有料プランにすればもっと高音質が選べる。Apple Musicにすれば、さらに高音質で聴くことが可能だ。LPはカートリッジとフォノイコの交換でグレードアップが図れる。そして、すべてが電源の強化が可能だ。
 だが、正直なところ、どこまでそれらを実行するかは微妙だ。とくにLPはデジタルに対して費用対効果が低すぎる。おそらくApple Musicを検討するくらいだろう。それも、音質よりも聴ける音楽を増やすために検討する部分が多いはずだ。
 つまり、この安価で済んでしまっているこのオーディオシステムが、意外にも僕にとって「あがり」のシステムになりつつあるのではないだろうか。オーディオなんて「このくらい」で良いのだ。
posted by 坂本竜男 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189475105

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ