2022年04月27日

シトロエン アミ

img_9a773cc54dcc23f989ee15b886b5eb6c171882.jpg

img_a6e1cde7bd99b8b0b25a6bc78b4e0afd130928.jpg

img_b17898863dd26bd5c5128e8d8d20502a255470.jpg

 2年前に登場した、シトロエンの超小型モビリティー「アミ」。シトロエンの名車「アミ」が、こんな形で復活していたなんて実は全く知らなかった。
 見た通りサイズはとてもコンパクト。全長×全幅×全高=2.41×1.36×1.52mで、最小回転半径は3.6m。とても小回りが効く。ガソリンエンジンではなくEV車で、モーターの最高出力は8.2PS(6kW)。最高速は45km/hで、一充電あたりの走行可能距離は70kmと公表されている。
 買い物や通勤など、普段使いならこの程度のスペックで十分ではないだろうか。残念ながら日本には導入されてないが、フランスでは車両本体のスタート価格は6000ユーロらしい。ちなみにフランスではライセンスもいらないそうだ。
 クルマを利用する場合、1〜2名の乗車で片道30km以下。とくに大量の荷物を運ぶわけではない。そんなケースが多いと思われる。それでも大きなワンボックスで移動している人も多い。アミはスピードも出ないしあまり荷物も詰めないが、買い物程度や移動手段には十分。都市部だけでなく、公共の交通機関では不便な田舎でも大いに活躍しそうだ。この方向性での進化が今のクルマ業界には必要なのではないだろうか。
posted by 坂本竜男 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189495386

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ