2022年05月24日

キヤノン、R7とR10を正式発表

EOS-R7-front-1.jpg

EOS-R10-front.jpg

 キヤノンがRFマウントのAPS-C機、R7とR10を正式発表した。
 公式サイトによると、R7に関しては7D mark IIの後継と考えると十分なスペック。連写性能は最高レベルだし、AFも良さそう。スポーツや動物など動体撮影で力を発揮しそう。ただ、EVFや液晶モニターのスペックは噂通りでちょっと見劣りがする。これは残念。
 R7は当然だと思うが、驚くことにR10も防塵防滴を謳っているのも見逃せない。また、キヤノンのオンラインショップではR7の価格はボディのみで20万円弱。R10は13万円弱。R7の価格は十分競争力があるように思える。
 ちなみに、この2モデルはG9 PROよりも小型軽量だ。RF-Sレンズが充実すれば、マイクロフォーサーズはいよいよ危なくなるかも。ただ、キヤノンはやはりフルサイズ推しのはずなので、案外いい具合に住み分けはできるのかな?
posted by 坂本竜男 at 13:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189555680

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ