2022年06月19日

末田美術館のその後は?

22.6.181.jpg

 湯布院最初の美術館である末田美術館。彫刻家 末田龍介・造形作家 末田栞 夫妻の個人美術館である。
 展示されている作品も素晴らしいが、原広司設計の建物もまた素晴らしい。一見の価値がある素晴らしい美術館だが、残念ながら近年に閉館。美術館は売りに出された。そして昨年、末田ご夫妻が亡くなられた。
 昨日、湯布院で末田美術館にまつわる噂を耳にした。どうも美術館が売れたらしいのだ。しかし、建物は壊されるらしい。これは、どういうこと???
 この噂がどこまでが本当かはわからない。売りに出された価格は決して安価ではなかったはずだが、それを承知で買われたのであるなら、建物はメンテナンスして残すべきだろうと考えてしまう。しかも、おそらく作品はまだ美術館の中に残っている。作品が配置されている庭園も含めて、然るべき形でお金をかけて手入れをし、重要な文化遺産として残すべきものではないかと思うのだ。
 だが、残念ながらそうなる可能性は低そうだ。この建物がなくなる前に、改めて目に焼き付けるべく足を運ばねばと思っている。できれば、許可をもらって中を撮影できないものだろうか。
posted by 坂本竜男 at 21:19| Comment(3) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189612161

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ