2022年06月26日

TTArtisan 23mm F1.4Cはボケが美しい

22.6.267.jpg

22.6.268.jpg

22.6.265.jpg

 空き時間にGX8 + TTArtisan 23mm F1.4Cで数枚撮ってみた。上3枚はいずれも絞り開放だ。
 パナライカ25mmよりも寄れるのも嬉しいが、ボケの美しさはかなりのものだ。ボケの滑らかさは1万5千円に満たないレンズとはとても思えない。
 絞り開放は全体的にソフトとは言え、ピント面はある程度解像しているのも良い。このくらい解像していれば、僕なら積極的に絞りを開けて使いたくなる。草花はやはりぴったりだが、本命はポートレートだろう。
 誰かモデルになってくれないかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189626904

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ