2022年07月06日

「神々の山嶺」読了

 「神々の山嶺」、一気に全巻読んでしまった。
 ストーリーの面白さ、圧倒的描写力による迫力と臨場感、そしてリアリティ。自分もヒマラヤに登っているかのような張り詰めた緊張感に包まれながら、作品にグイグイ引き込まれてしまった。純粋に面白かった。
 欲を言えば文庫本サイズでなく、もっと大きなサイズで読みたかったかな。
posted by 坂本竜男 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189647509

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ