2022年07月19日

なぜ、ここまでdp0 quattroに惹かれるのか?

22.7.181.png

 なぜ僕は、シグマ dp0 quattroにこんになにも惹かれるのだろう?ある意味、欠点の塊みたいなカメラなのに。
 それはやはり、Foveonセンサーによる高画質とユニークなデザインによるところが大きいとは思う。でも、決してそれだけではない。dp quattroシリーズは、写真=静止画を撮ることだけに特化したカメラではないだろうか。
 フィルム時代はISO100が当たり前。AFも手ぶれ補正もなかった。ちゃんと撮るためには一つ一つの設定をキチンと考えて行い、ブレないようにキチンと構えて撮るのが当たり前だった。同じことがdo quattroシリーズ(というかFoveon全般)に言えるのだ。
 写真撮影の基本をキチンと抑えないとちゃんと撮れないカメラ。しかし、それを抑えると、素晴らしい画質の写真を撮ることができる。写真の基本を身につけるのにぴったりのカメラなのだ。





……と、買うことの正当性を探している今日この頃なのである。
posted by 坂本竜男 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189678352

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ