2022年08月04日

SUMMILUX 9mmは絵画的?

22.8.2-6.jpg

 LEICA DG SUMMILUX 9mmは軽量コンパクトなこともあって、常にカメラバッグの中に入っている。いざというときに18mm相当の広い画角は重宝するし、その描写の良さも気に入っているからだ。
 初めは接写でのハーフマクロ撮影が面白かったのだが、風景写真も思いのほか良い。個人的には、ちょっと絵画的な描写に感じていて、それがとても新鮮なのだ。
 このレンズは中央の解像度は絞り開放からかなり高いけれど、隅々まで高解像度というわけではない。だが、パナライカならでの色乗りの良さと線の細さとやわらかさ・しなやかさが相まって、感情移入したくなるような絵画的な描き方をする。それはやさしいとか、あたたかみがあるとかだけでなく、ときにダイナミックになったり、高揚感があったりするのだ。
 まぁ、これは僕の思入れが思いのほか強く、自分で勝手にそう感じているだけなのかもしれないが。でも、ちょっとだけ感情を揺さぶられる写真が撮れるような、そんな気にさせてくれるレンズではあるのだ。だから、ついつい持ち出してしまうのである。
posted by 坂本竜男 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189715621

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ