2022年08月05日

関係するアート展vol.2

22.8.53.jpg

22.8.54.jpg

22.8.55.jpg

22.8.56.jpg

22.8.57.jpg

22.8.58.jpg

22.8.59.jpg

 食事の後は、佐賀県立博物館。「関係するアート展vol.2」を観に行った。
 前回の展示がとても印象的だったこのシリーズ。障害を持った方たちの表現することに対する「純度の高さ」が多くの人たちの心を捉え、この展示のテーマであるたくさんの人たちと「関係する」ことにつながった。
 今回は、そういう意味では少し印象が違った。表現の純度というよりも、別のものを感じたのだ。それは、「関係すること」がより進んだ結果なのか、表現の方向性が変わったからなのかはよくわからない。正直なところ、今回は前回ほどのインパクトは残念ながら感じられなかった。作家さんたちの良さがスポイルされてなければ良いな〜と思った。
 様々な団体がサポートすることで、この展示は成り立っているし、作家さんたちも作品を発表できる。だが、団体の関わり方も難しそうだ。サポートするのと、やらせるのは違うからね。
posted by 坂本竜男 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189718642

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ