2022年08月13日

キリン 一番搾りPremium

22.8.132.jpg

 今日はキリンビアファームでランチ。お盆休み(午前中は仕事だったが)ということもあって、昼間から飲むことに。
 一杯目は一番搾りPremium。そういえば、今まで生で飲んだことなかったっけ。
 ビール工場で飲むビールが一番美味いのは当たり前なのだが、共通しているな〜と感じるのは「かろやかさ」。それぞれのビールの良さ・個性がより活きるだけではなく、飲み口がかろやかなのだ。味わい深くてコクがあっても、決して重くない。ずっと美味しくいただける。
 一番搾りPremiumも、ノーマルの一番搾りとは一味違う旨味や上質さを感じるのだが、それがくどくなることも重くなることもなく、とてもかろやかに駆け抜ける。それがなんとも心地よいのだ。
 普段あまり口にしない銘柄だけど、Premiumを飲めるお店が近場にはないよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189748159

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ