2022年09月09日

富士フイルム X-H2が正式発表

X-H2-1.jpeg

 富士フイルム X-H2が正式発表された。
 先行発売されたX-H2Sに対し、X-H2はAPS-Cとしては超高解像となる4000万画素CMOSセンサーを搭載する高画素モデル。電子シャッターは最高~1/180000秒(!!!)など、驚くべきスペックを誇る。
 個人的にはスチルよりのモデルと感じているが、それならモニターは3軸チルトを採用して欲しかった。そして、4000万画素という高画素に対応できるレンズが、Xマウントでどこまであるかは未知数。必要な画素数はすでに十分に確保できているのだから、もっと違う軸での進化が見たかった気もする。
 X-H2はオーバースペックすぎて、X-T4やX-T3で十分と考える人も結構いるんじゃないかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189801374

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ