2022年12月09日

パナライカ 12-60mmだけで十分?

22.12.91.jpg

 今日の撮影は色々と機材を準備はしていたが、結局 パナライカ 12-60mm F2.8-4.0 一本のみで撮り切ってしまった。
 屋内の撮影でそこまで広い空間ではなかったこともあり、35mm換算で120mmまでカバーできれば十分。というか、この焦点距離の絶妙さを改めておも知ることになった。
 レンズの明るさが足りないかもと思っていたが、実際はシャッタースピードを遅くしただけで対応できた。レンズは認識以上に意外に明るいし、手振れ補正の優秀さにも助けられたのだ。
 今回は取材系の撮影に近いので、あまり背景がボケすぎても困る。こんなときはマイクロフォーサーズの被写界深度の深さが武器になる。マイクロフォーサーズに移行して改めて良かったと感じた撮影だった。
 今回の撮影で、僕に上位フォーマットが本当に必要なのか改めて考えさせられることにもなった。まだまだマイクロフォーサーズの良さを引き出せてなかったのだ。もっとしっかり使い込まなければ。
posted by 坂本竜男 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189980090

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ