2023年02月27日

LUMIX S5IIをやっと持ち出す。

 今日はあまりに天気が良いので、我慢できずにLUMIX S5IIを持ち出す。レンズは50mm F1.8だ。

23.2.272.jpg
 最初の一枚がこれ。ボケもなめらかだし色が自然だ。見て感じた印象と同じ色。つまり自分の感性と同じ発色ということだ。何気ないカットなのに、ハッとさせられた。

23.2.273.jpg
 最近お気に入りのナズナの花もこのとおり。あまり寄れないのは残念だが、ピント面はシャープで他はやわらか。好きな描写だ。

23.2.274.jpg
 いつもの田舎道と近所の山。マイクロフォーサーズに負けないくらい隅々までシャープに写る。これ、絞り開放だよ!?

23.2.275.jpg
 一の坪天満宮も立体感と空気感が出て素晴らしい。この時期の爽やかで清らかな感じをよく描き出している。

 LUMIX S5IIで60枚ほど撮ったが、さすがlUMIXの最新モデル。描写に不満はない。自然な色でやわらかな描写は僕好み。それでいて、解像度はしっかり高い。やはり今時の優秀なシステムという感じだ。
 50mm F1.8といえば、各社の撒き餌レンズが揃っており、安価で優秀なレンズが多い。ただ、LUMIXの場合はそれらよりもワンランク上の印象。50mmはこのくらいで良いのではないの?と言わんばかりの説得力がある画質だ。もちろん、上には上がいろいろあるが、だからと言って積極的に買い替えたくなるようなものではない。必要にして十分なクォリティを持っている。これでもう少し寄れれば言うことなしだ。
 LUMIX S5IIは、安心して高画質を楽しめるフルサイズミラーレスだ。AFレンズで普通に写真を撮るには不満はない。特に僕の場合は、AFレンズ限定なら十分な性能と画質だ。でも、ちょっと優等生すぎるかな?
posted by 坂本竜男 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190201895

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ