2024年02月11日

宮田大 & 大萩康司 デュオリサイタル

24.2.11.jpg

 今日は、八女市の八女市民会館おりなす八女で開催された「宮田大 & 大萩康司 デュオリサイタル」へ。超一級のチェロとギターのデュオだが、素晴らしいコンサートだった。
 今まで生で聴いた宮田大さんのデュオはいずれもピアノとのデュオ。ギターとのデュオは初めてだったが、新鮮な驚きがあった。
 ピアノよりもはるかに小さなピアニッシモを表現できるギターならではの繊細さと、ソリッドなアタック感。これに懐の深いチェロの音色が加わると、二人であることを忘れてしまう音楽の厚みが出てくる。そして、その表現の幅も広い。今回のセットリストはイギリスにキューバ、フランス、アルゼンチン、日本と世界を駆け回るようなものだったが、まさに音楽で世界を旅した気分だった。
 ちなみに宮田大さんは津軽三味線奏者の上妻宏光さんとのデュオで、6月に再び九州に来られる。会場は山鹿市の八千代座と柳川市民文化会館。どっちも良い会場だから、どちらかは行きたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190771969

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ