2010年09月22日

2冊目

10-9-22.jpg

 「砂の女」はあっという間に読んでしまった。そして早くも2冊目に突入した。
 それは「他人の顔」。ここにも「砂の女」と共通する独特の世界観とリアリティがある。そして、「砂の女」同様、巧みな描写によって脳裏にこまかなディテールまでがはっきりと浮かび上がる。小説を読んでいるはずなのに、映画を見ているような錯覚さえ覚える。あぁ、これが安部公房の世界なのか…。なぜ今まで読まなかったのだろう?
 でも、昨日書いたように、おそらく今がベストのタイミングなのだ。10年前に読んだとしても、ここまで感じ入ることができただろうか?きっと人によってベストのタイミングというのは違う。そして、それは小説に限った話ではない。絵画も音楽も書も写真も伝統芸能もスポーツも、おそらくみんなそうなのだ。
 で、僕にとって今は安部公房に没頭すべき時期なのだろう。この価値あるひとときをじっくり楽しんでいこう。
posted by 坂本竜男 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40873139

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ