2010年10月03日

停滞

 「予告された殺人の記録」がなかなか読み進まない。登場人物の多さに加えて、その人物の名前が馴染みのないカタカナだから、「あれっ、この人誰だっけ?」としょっちゅうページをさかのぼる羽目になる。もう少し記憶力の良いときだったら、少しは違うのだろうけど……。
 それに対し、安部公房の作品は登場人物は少なく、最近読んだ2作品に関しては文章に名前すら出てこない。そのおかげもあって、ストーリーにより集中出来る。
 登場人物の人数と作品の善し悪しは別の問題だが、読む側の問題としては決して小さくない気がする。文学に触れるのに、そんなことを言っててはいけないんだろうけどね。
posted by 坂本竜男 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41069072

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ