2010年12月13日

酒井西の家

10.12.13-1.jpg

10.12.13-2.jpg

10.12.13-3.jpg

 9日に再会した建築家さんのオープンハウスを訪れた。(詳細はこちら
 足を踏み入れて、すぐに感じたのは「和」をベースに作られていることだった。家具の高さ、中庭、視点の高さ、間取り…。昔ながらの日本の良さを今流に取り込む試みがなされている。シンプルで洒落た幹事の仕上がりではあるが、それだけで終わっていない。しっかりとしたアイデンティティを持って設計されている。意外とやっつけ仕事の設計って多いから、同じ市内にこんな設計をする人がいると思うと嬉しくなってしまう。僕自身が将来お願いすることがあるかどうかはわからないが、この嬉しさって他人事ではない感じなんだよね。
posted by 坂本竜男 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42069347

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ