2011年01月30日

無常という事

11.1.30.jpg

 白洲正子の影響を少なからず受けている僕が避けては通れない文、それが「無常という事 / 小林秀雄」だ。彼女が大切な一冊として紹介していて、それで早速買って読んでみたのだが、おそらくまだ僕はこの本の真意を理解していない。わずか5ページ足らずの短い文章なのだが、そこに書かれてある事は深い。
 一度読んでそれで終わりという本は、大抵の場合はその程度のものだ。すぐ理解できる、できないにかかわらず、何度も何度も読み返す本が価値があるのだと思う。今日は幸か不幸か天候も優れない。せっかくの機会だ。何度も何度も読み返してみたい。
posted by 坂本竜男 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43097833

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ