2011年04月11日

1ヶ月

 東日本大震災から1ヶ月。千年に一度と言われる大災害は、被災地はもちろん、それ以外の広い地域で大きな傷跡を残した。自然災害、経済、風評被害、自粛…。しかし被災地の方達は、僕たちの想像を遥かに超えるであろう困難に立ち向かいながら、一歩一歩前へ進まれている。そして、日本全国だけでなく世界中から多くの支援と温かい言葉が届いている。
 その一方で、未だに震災は他人事で、自分の事だけしか考えていないように見える人間もいる(その人たちは決して自分の事しか考えれないほど余裕がないわけではない)。長い間、日本の足をひっぱっているのはこの人たちではないのか…?そう思わずにはいられない。
posted by 坂本竜男 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44251950

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ