2012年02月18日

一番遠いところに触れる

12.2.17.jpg

 自分から一番遠いところにあると思われるものが、実は自分にとって凄く大事だったりする。
 これは以前、僕がいつもお世話になっている方から聞いた話だ。自分には縁がない、関係ないと思っているものに挑戦することになったとき、自分の新たな側面が見えたり、眠っていたものが目覚めたり、活性化したりし始めたそうだ。これはとても興味深い話だが、思い起こすと僕にも似たような経験がないわけではない。そこで、自分の幅をを広げる意味でも、いろいろ挑戦しようと思っている。
 で、今勧められているのが恋愛小説。確かに僕にとって、恋愛小説は最も遠いところにあるものの一つだ。挑戦しがいがありそうだが、どれを読んでいいのかさっぱり分からない。そこで、最も有名な恋愛小説とも言える、源氏物語に触れることから始めて見ようと考えた。そして「はじめての源氏物語」という本を入手。早速読み始めている。さて、どんな発見があるのか?タノシミ、楽しみ‥。
posted by 坂本竜男 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54031316

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ