2013年01月29日

森の生活 −ウォールデン−

13.1.292.jpg

 どうもヘンリー・デイヴィッド・ソローは、僕にとって避けては通れない存在らしい。南方熊楠を読み進めても登場する。そこで、彼の代表作である「森の生活 −ウォールデン−」を購入。早速、読み始めている。
 この本が今の僕に、びっくりするくらいピッタリくるところがある。なぜ、今まで読まなかったのだろう、とも思うが、読むべきタイミングで出会ったのに違いない。
 
posted by 坂本竜男 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61837067

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ