2013年04月01日

方丈記

13.3.31.jpg

 随分前に買っていた方丈記の原文を、やっと読み始めた。僕の関心の高まりと、方丈記の800周年がちょうど重なるのも、単なる偶然とは思いたくない。古典が大の苦手だった僕は、ずっと古典そのものを避けてきた。しかし、方丈記は決して避けることのできないもののようだ。
 方丈記は、今にしてみればびっくりするくらい短い。しかし、その内容は深く濃く、そして歌のようにリズミカルである。今の世の中だからこそ必要と思われることが、方丈記にはちりばめられている。これを少しずつ読み解いていくのは楽しい作業になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64226717

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ