2013年06月29日

整理の基準

 本を処分するかどうかの基準は、僕の場合は内容以上に装丁が重要だ。
 装丁が良いものは基本的に残す。逆に装丁が悪いものは、内容が良くても処分する可能性がある。そう、僕は装丁があまりに悪いと、最終的に読む気がしなくなってしまうのだ。それを考えると、デザインの重要度は思いのほか大きい。
 僕のデザインは、ちゃんと「残す」選択をされているのだろうか?
posted by 坂本竜男 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70159557

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ