2014年03月11日

マツダ跳(HAZUMI)コンセプトモデル

201403062321084e6.jpg

 ジュネーブモーターショーでは個人的に気になるモデルがいくつかあるが、マツダのコンセプトモデル HAZUMI もそのひとつだ。HAZUMIは次期デミオと言われているのだ。
 フロントマスクは今のマツダフェイスだ。好みは分かれるところだが、個人的には適度にアクの強さがあって良いと思う。スタイリングは国産のコンパクトカーの中では、いちばんではないだろうか。
 エンジンは新開発の小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」が搭載される。従来の2.2リットルは大きすぎるので、大いに惹かれるポイントだ。おそらく、従来の1.3リットルガソリンエンジンもラインナップには加わるとは思うが、やはり「SKYACTIV-D 1.5」が本命だろう。
 新型デミオは今年の夏に登場する予定らしい。ディーゼルモデルの価格が安ければ、大ヒット間違いなしかな?
posted by 坂本竜男 at 18:13| Comment(4) | TrackBack(0) | クルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90187001

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ