2014年06月15日

フリーペーパーを見ながら、ふと思うこと

14.6.15.jpg

 今日、大分でいろいろなフリーペーパーをもらってきた。ここ数年のフリーペーパーは凄い。デザインのクォリティも内容も質感も、びっくりするくらい向上している。しかも、いろいろな視点からユニークなアプローチで、面白く作り込まれている。とてもフリーには見えない。
 で、ふとこれでいいのだろうか?と思うことがある。やはり、本の内容に対してお金を払っていただき、それで成り立つ形が正常ではないかと思うのだ。フリーペーパーを発行していながら言うのも変だが、広告に頼らない、内容のある有料の本。これが本来の姿だと思う。
 もちろん、僕もそれを目指している。エゴイスタスは入り口にすぎない。今からが本編なのだ。
posted by 坂本竜男 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | インディーズ出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99829836

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ