2022年10月11日

小型三脚を考える その1

 dp0 quattroの導入をきっかけに、持ち出しやすい小型三脚が欲しくなってしまった。以前買っていたマセスDT-1541Tは、いつのまにか妻のリモートレッスン用になってしまっているので、新たに欲しくなっているのである。
 フルサイズや超望遠レンズを使う予定はないので、小型軽量で作りがしっかりしている三脚であれば良い。ただ、ある程度の高さは確保したいところだ。
 素材はカーボンがベストだが、作りがしっかりしていればアルミでも問題ない。重過ぎなければ特にこだわりはない。できれば畳んだときの大きさが小さいことが望ましい。そして、価格が手頃なら申し分ない。
 Amazonではよくわからない安価なメーカーの三脚がたくさん出てくるが、それらはひとまず候補から外す。それでも中華メーカーがメインになるが、そんな中でメジャーなメーカーの製品が目についた。

200429manfrotto03_01.jpg

 マンフロット Element MIIである。アルミ製で5段。雲台はちゃんとアルカスイス互換。アルミなので超軽量というわけではないが、雲台込みで1.55kg。格納高は42.5cmとまぁまぁコンパクト。そして何より価格が安い(税込16,000円くらい)。耐荷重も8kgあるし(実質2〜3kg?)、メジャーなメーカーという安心感もある。これは良さそう。
 ちなみに一番のエントリーモデルであるElement はもっと安くて小型だが、センターポールが伸びたままで安定性に不安が残るので、今回は候補から外している。
 安いし、良いメーカーだし、これでいい気もするが、ひとつだけ気になるところがある。それは一般的なトラベラー三脚と同じく、運搬の時など畳んでおくときは脚を180度反転させなければならないこと。これは意外にめんどくさいのだ。
 一応、有力候補ではあるが、もう少し調べてみることにしよう。
posted by 坂本竜男 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年10月10日

軽くてコンパクトな三脚が必要?

22.10.102.jpg

 僕がメインで使っている三脚はジッツオGT2532。それにマセスFB-2とDW-4を組み合わせている。とても使い勝手が良く、つくりもしっかりしているので気に入っている組み合わせだ。
 しかし、物撮りや夜景などの長時間露光が必要な時以外は使わなくなってしまった。だが、dp0 quattroを使いこなすにあたって三脚は必須。早速持ち出し始めているのだが、超広角レンズ+APS-Cという組合せに対し、この三脚セットはちょっと大袈裟だ。長時間露光には良いとは思うが、さすがにdp0 quattroには大きく重い。そこで、もう一回り小さく軽量の三脚を検討し始めている。
 僕のメインシステムはマイクロフォーサーズだから、ジッツオ2型は望遠を除くとちょっとオーバークォリティ。もう少し脚も細くて良い。となると、ジッツオ1型がベストかもしれないがさすがに値段がお高い。レオフォトあたりが有力なのだが、これも巷ではユーザーが増えてきているので違うメーカー製を使って見たい気も…。
 まぁ、しばらくは大袈裟でもジッツオでいくのがベストなのかな?
posted by 坂本竜男 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

dp0 quattroが気づかせてくれること

 キヤノンのフルサイズからマイクロフォーサーズに完全移行して、撮影は大いにラクになった。これもシステムが軽量コンパクトにできること、よって機動力が上がるだけでなく体への負担も小さくなったこと、強力な手ぶれ補正を備えているので手ブレ写真が激減したことが大きい。
 しかし、それに甘えてしまって、写真撮影の基本が疎かになっている部分があるようにも感じている。

22.10.101.jpg

 それを感じさせてくれたのはdp0 quattroの存在である。このカメラはISO100が基本。なのに暗所に弱い。おかげで、ちゃんと手ブレしないようにカメラを脇を締めてしっかり構えることが求められるし、手持ちが厳しい時は三脚は必須だ。しかも、超広角で歪みの小さなレンズゆえに、フレーミングをきちんとしないとつまらない写真になってしまう。写真撮影の基本を問われるようなカメラなのだ。
 これは気軽に撮りたいという人には不便なだけかもしれない。しかし、もともとフィルムカメラはそんなものだ。逆にdp quattroシリーズで写真を始めるというのは、基本がしっかり身について良いかもしれないとさえ思う。実際はそんな人はほとんどいないだろうけど。でも、フィルムカメラでもないのに、写真撮影の基本を考えさせられるカメラなんて、すごくいいじゃないか。今のカメラは軒並み便利で高画質・高性能になったけど、それだけが全てではないと思うのだ。
posted by 坂本竜男 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年10月08日

ピアノ発表会を撮影する

22.10.82.jpg

 今日は、小郡市文化会館でピアノ発表会の撮影だった。
 被写体に近寄っての撮影ができない、撮影できる場所がかなり限られるなど、制約が多い撮影だったけど、なんとか無事に終了。オリンパス40-150mm F2.8 PROが大活躍。これもマイクロフォーサーズだったから上手くいった撮影といっていいかもしれない。これが以前のフルサイズ一眼だったら苦労しただろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

MARUMI P.Lフィルターを買ってみた

22.10.81.jpg

 MARUMI P.Lフィルターを購入してみた。PLフィルターは安物から高級品まで数多くあるが、価格は安いのに国産で信頼できる製品である。
 もともとはフイルム用のフィルターで、デジタル一眼レフではAFがうまく作動しないと言われているもの。しかし、MFでは問題ないし、ミラーレスでの仕様も問題ないらしい。何より、価格が安いのに、性能もちゃんとしているらしいので、初めてのPLフィルターには打って付けだと思ったのだ。
 しかし、昔ながらの製品のため今主流の薄型ではないので、広角レンズではケラレが発生する可能性がある。僕はdp0 quattroで使いたかったので、62mmを選択し、ステップアップリングを介して使用する予定。これならケラれは生じないはずだ。それに、オリンパス12-40mmやパナライカ12-60mmでも使える。
 問題はmだステップアップリングが届かないこと。こっちの方が注文は早かったのになぁ。
posted by 坂本竜男 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年10月07日

Foveonセンサーは空気を写す?

22.10.77.jpg

 改めてdp0 quattroで撮影してみると、見慣れた風景がまた違った見え方をする感じがした。解像度が抜群に高いだけでなく、その場の空気感をよく捉えているという感じがする。
 そう言えば、Foveonセンサーはその場の空気を写し出すということを聞いたことがある。だから、空気が良いところで撮ると、抜群の画質で撮れるのだとも。確かに、そんな感じは間違いなくあるように思う。

 今日、月末の登山が決まった。半日で帰って来れる程度の登山だが、空気の良さは間違いないところ。dp0 quattoroを持ち込むのが楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

改めてdp0 quattroを試し撮り

 やっとdp0 quattroを持ち出して、近所で試し撮りをしてきた。ちなみに、今回はあえて、すべてJPEG。ISO100である。

22.10.71.jpg

 記念すべき一枚目。なんてことない風景だが、解像感がすごい。逆光は弱い感じではあるが、photoshopで持ち上げてあげると、意外に階調が残っている。ちょっとトーンカーブをいじるだけで、雰囲気のある写真に変貌。

22.10.72.jpg

22.10.73.jpg

22.10.74.jpg

 ルミックスの感覚で撮ろうとすると、なかなか不便ではある。ビューファインダーのおかげで見やすいといえば見やすいのだが、所詮今となっては解像度が低めの液晶画面を拡大して見ているだけに過ぎない。撮りながらテンションが上がっていくという感じではない。
 しかし、データをPCに取り込み、現像していく過程でその画質の凄さが露わになってくる。それはキヤノンのフルサイズを使っていたときにも感じなかった凄さだ。

22.10.75.jpg

22.10.76.jpg

 日がだいぶ傾いてきたので、改めて撮影。撮って出しはシャドー部分がほぼ真っ黒につぶれて見えるが、トーンカーブの調整でかなりの情報量が露わになる。これ、JPEGだぞ?RAWデータではないのに、このくらいのレタッチなら十分に対応できる。シグマの現像ソフトSIGMA Photo Pro 6 はインストールしたんだけど、案外出番は少ないかも。
posted by 坂本竜男 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年10月06日

ちゃんとフィルターワークにも力を入れよう

22.10.62.jpg

 今更な感じもあるが、ちゃんとフィルターワークをに力を入れなければと思っている。
 そう思ったのは、dp0 quattroを導入したことが大きい。このカメラで風景写真を撮りまくりたい。そう考えたときに、やはりフィルターワークは必須と感じたのだ。
 いま、手持ちのフィルターは62mm径のNDフィルターが2枚(ND8とND32)。55mmm径の可変NDフィルター(ND2〜400)が1枚のみだ。62mmは一番稼働率が高いパナライカ12-60mmとオリンパス12-40mm用である。これにステップアップリングを追加し、dp0 quattroでも使えるようにする予定。そして、同時にPLフィルターも導入する予定だ。
 正直、各フィルターの機能は理解しているが、まだまだ使いこなしていると言うには程遠いレベル。しかし、これから季節は良くなるから撮影には打って付け。はやくフィルターを使いこなせるようになりたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年10月05日

超広角は飛び道具?

 とある有名なカメラ系(ガジェット系?)ユーチューバーの方が、超広角(ズーム)レンズは飛び道具と言っておられた。そして僕自身、その言葉に妙に腑に落ちる部分があった。
 エゴイスタスでプロの建築写真家の方の写真データを定期的に扱わせてもらっているのだが、その中でも飛び抜けた存在の写真がある。そのままを自然な形で見せてくれるのだ。そこには不自然な誇張や演出はない。どうだ!というこれ見よがしな感じもない。ただただ自然で良いところも悪いところもそのまま出しているのだ。
 この写真は撮影には一切超広角レンズは使われていない。35mm換算で28〜56mmくらい。建築写真に超広角レンズは必須と思っていた自分には、それなりに衝撃的な事実である。
 もちろん、全ての建築が標準ズーム程度の画角で済むはずはないだろう。だが、「超広角は飛び道具」の意味がここにはあるように感じられる。だからと言って、超広角レンズを手放す気は全くない。これは超広角を使うなと言うことではなくて、余計な誇張や演出はいらないということだと勝手に解釈している。
posted by 坂本竜男 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年10月02日

まだ出番なし

 新品で購入できたシグマ dp0 quattroだが、実はまだ1枚も撮影できていない。
 その理由は、ただでさえコンデジとしては大きいのに、ビューファインダーつきだと完全に一眼レフを超える大きさになってしまうというのもある。画角が35mm換算21mmというのもある。でも、一番の理由はこの高画質を活かせる場面で撮りたいと言う思いが強すぎるのだと思う。本当はスナップ感覚でどんどん撮った方が良いのだろうけど、なかなかそんな気持ちにはなれないのだ。
 しかし、予備のバッテリー3個も充電済みだし、ハンドストラップも奢った。保護フィルターもつけた。SDカードも128GBを用意している。準備はバッチリなのである。でも、どうせなら持ち運びしやすい三脚と、アルカスイスプレートとNDフィルターも買ってしまうか。
posted by 坂本竜男 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月29日

パナソニック、LUMIX G99Dを正式発表

g99d.jpeg
 パナソニックがLUMIX G99Dを正式発表した。
 G99Dは今年製造が終了したG99の後継モデルになるが、基本的にはモニターの変更以外は従来機通りらしく、モデルチェンジではなくてマイナーチェンジモデルのようだ。
 G99は個人的にも気になっていたモデルの一つで、製造終了を残念に思っていた。しかし、後継モデルがモニターの変更のみと言うのは少し寂しい。せめて古くなったAFシステムだけでも新しくして欲しかった。
 とはいえ、G9 PROでは大きすぎ、OM-1では高すぎという人にとっては、色々な意味でちょうど良いモデル。G9 PROの実売価格が下がっているから、それよりも明確に安ければ「買い」のモデルであることには変わりないんだけどなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月27日

203 Camera Straps.のカメラストラップ

22.9.271.jpg

 シグマdp0 quattroには、203 Camera Straps.のカメラストラップをつけている。本革製のハンドストラップだ。
 エイジング加工した牛革でとても作りが良く、その割に価格も手頃なのが嬉しい。まだまだ固めではあるが使っていくうちにやわらかくなり、いい具合に馴染んでいくだろう。
 だが、現時点でまだ1枚も撮っていないという事実。撮ろうと思って何度も持ち出してはいるんだけどね…。
posted by 坂本竜男 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月23日

dp0 quattroのファームウェアを更新する

22.9.233.jpg

 届いたdp0 quattroのファームウェアのバージョンがまさかの1.00だったので、シグマ公式サイトでダウンロードして最新の2.03に更新。SFDモード(他のカメラで言うHDRのようなもの)も使えるようになった。これでようやく撮影の準備が整った。
 早速、明日あたり持ち出したいところだが、エブリデイスリング6Lにdp0 quattroをビューファインダーつきで入れると、他に入れれるのは小さな単焦点レンズくらい。GM1すら入らない。さすがにdp0 quattro一台では心許ない。さて、どうしよう?
posted by 坂本竜男 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月20日

改めて、シグマ dp0 quattroがやってきた

22.9.201.jpg

 改めて、シグマ dp0 quattroが我が家にやってきた。
 最初の一台は撮影回数も少なくキズもない超美品の中古。これが今の相場よりも安い価格だったので飛びついた。しかく、センサーに汚れがあることがわかり、返品返金という形になった。
 自分にはFoveonセンサー搭載機とは縁がないのかと思っていたが、製造中止になってしばらく経つ今のタイミングで、まさかの適正価格で売られている新品を発見。しかもビューファインダーキット。最初の一台を少し使ってみて、ビューファインダーはあった方が良いと思っていたので迷わず購入に至った。

22.9.202.jpg

 ただでさえ異才を放つそのフォルムと大きさだが、ビューファインダーをつけたると、もはやコンデジという枠を大きく超えている。下手するとフルサイズ機よりも嵩張ってしまう。
 しかし、うまく使えればフルサイズを凌駕するような画質の写真が撮れるのは実証済み。まぁ。この「うまく使えれば」というのが大事なのだが。
 どちらにしても、新品を不当な高値で販売している業者が多い中、適正価格(というより、むしろ安い?)で販売されているものを購入できたことからも、このカメラとは強い縁があると思いたい。それに、こんなワクワクするカメラは滅多にないしね。
posted by 坂本竜男 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

パナソニックが今日のイベント開催を予告

panasonic_china_LUMIX_teaser_20220920_001.jpg

 さて、何が発表されるのだろう?
 G9 PRO mk2だと嬉しいが、さすがにGH6が出たばかりなので、S5かS1の後継だろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月14日

まさかの新品

 まずか数日で返品したdp0 quattro。製造中止になったモデルなので探すのは基本、中古。だからこういったことは十分ありうる。しかし、その良さの片鱗を知ってしまった以上、諦めきれない。
 そこで、しつこく探していると、まさかの適正価格で販売されている新品を発見。しかもビューファインダーキット。ちょっと使ってみてビューファインダーは必須と感じていたから、これは飛び付かないわけにはいかない。
 というわけで、dp0 quattro ビューファインダーキットの新品を注文してしまった。
 最初よりも予算はだいぶオーバーしているが、こればかりは仕方がない。自分でもやってしまった感はかなりあるが、それ以上に高揚を抑えきれない自分がいる。
posted by 坂本竜男 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月13日

dp0 quattroを返品した

 後ろ髪を引かれる思いがあったが、センサーに汚れがあるので、dp0 quattroは返品した。
 わずかな時間しか使ってないので、dp0 quattroの良さと言うよりも、よく言われている欠点の方を実感した感が強かった。液晶モニターは晴れ間では見にくいし、暗所は圧倒的に弱い。丁寧に丁寧に撮らないと、どうでも良い写真ばかりを量産してしまう。
 しかし、うまくいった写真は圧倒的解像度の高さと独自の空気感を存在感を見せてくれる。四阿屋での写真をPCで見た時は「これか!」と唸った。
 ちなみに、四阿屋での撮影は、比較的日陰が多かったこともあって、サクサクと気持ちよく撮ることができた。そして、JPEGが想像以上に綺麗。RAW+JPEGで撮ったのだが、あまり色補正をしない僕にとってはJPEGでも使えると感じた。だから、いつも気難しいわけではないのだ。

 返品返金という形になってしまったので、dp0 quattroを使おうと思ったら他の中古を探さなければならない。正直、今はカメラ全般が買い時とは言い難い。しかし、Foveonセンサー搭載機は今後安くなるとは思えない。状態が良いものを見つけたら買っておくべきなのだろう。
 安かったときに買っておけば良かったなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月12日

四阿屋でdp0 quattoroを試す

 センサーに汚れがあることが判明したdp0 quattro。もう、返品すべきと考えているのだが、Foveonセンサーの凄さを味わった実感がない。そこで、それを味わうべく四阿屋に向かった。

22.9.122.jpg

22.9.121.jpg

22.9.123.jpg

22.9.124.jpg

22.9.125.jpg

22.9.126.jpg

22.9.127.jpg

 清流と緑。僕が思う、Foveonセンサーが得意とする被写体の一つ。ある程度想定してはいたが、自分でとって体感してこそわかるものがある。シャッターを切りながら、これはヤバイぞ‥と思ってはいたが、帰ってPCで開いて驚いた。今まで体験したことのない画質だ。解像度が高いのは言うまでもないが、川の水面の表現の色合いが素晴らしい。そして独特とリアリティがある。これがFoveonなのだ。
 ちなみに、今回撮った写真にセンサーの汚れはわからない。返品したくなくなってきたなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月11日

センサーに汚れ?

 dp0 quattroに生じている問題。それは、(おそらく)センサーの汚れ。適正露出、もしくはアンダー目に撮った写真に決まった場所に汚れが見られるのだ。

SDIM0550.jpg

SDIM0552.jpg

 これは露出オーバー目のときは全くわからない。汚れに気付いてから色々と撮ってみたが、やはり同じ箇所に汚れが出る。
 このことを購入店に伝えると、メーカー保証はできないので、返品返金という形を取らせて欲しいとのこと。これにはかなりがっかりだ。
 dp quattroシリーズは1を除いて全て製造中止。それに加え、半導体不足でカメラ全般の中古価格が上昇していることもあって、中古価格はかなり高め。新品で売られていた時よりも高い価格で売っている店も少なくない。そんな中で適正価格で販売されている良品と思って飛びついたのだが……。
posted by 坂本竜男 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年09月10日

dp0 quattro 試し撮り

 早速、dp0 quattroを持ち出してみた。

22.9.103.png

22.9.104.jpg

 ちょっと撮っただけだが、解像度の高さは素晴らしいものがある。設定はスタンダードで撮ったのだが、自然な色合いのように感じる。ちなみにPモードではうまく撮れなかったので、Mモードでの撮影である。
 液晶モニターの見づらさは、いろいろなサイトで書かれている通り。褒められたものではない。光が入ると途端に見えなくなる。ビューファインダーは必須なのかも。
 操作性自体は、機能が少なくボタンなども少ないから決して悪くない。取説を見なくても扱える。これはありがたい。
 間違いなくじっくり使い込みたいカメラだが、実は、ちょっとした問題を発見。それに関しては次の機会に。
posted by 坂本竜男 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材
Powered by さくらのブログ