2020年09月13日

エゴイスタス vol.36、発行

20.9.131.jpg

 エゴイスタスvol.36が印刷から届いた。予定よりも早い到着である。
 今回は創刊9周年記念号であり、コロナによる休刊後の復帰第一弾でもある。内容も制作サイドの気持ちも、今回ならではの特別なものになっている号だ。
 エゴイスタスvol.36は、これから配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年09月04日

エゴイスタス vol.36、無事に入稿!

 今日、エゴイスタス vol.36の印刷への入稿が無事に終わった。予定よりも一日早い入稿である。
 このまま順調に進めば、今回は一日早く発行できる予定。休刊明け最初の号だから、予定よりも早く発行できるのはとても嬉しい。発行再開はいい形でスタートできそうだ。
posted by 坂本竜男 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年09月02日

1号休んで、改めて感じていること

 エゴイスタスvol.36の製作もいよいよ大詰め。
 エゴイスタスの製作を進めていて今更ながらに思うのは、再開できてよかったということだ。正確には出来上がって配本・配送し、多くの人たちに見ていただいてから言うべきことかもしれない。しかし、製作の段階ですでに心持ちが違うのである。テンションが違うのである。
 やはりエゴイスタスは僕にとって大きな存在であり、大事な居場所の一つなのだ。そして、それが多くの人たちと共有できているし、さらなる広がりも見せてくれている。そのことを改めて強く感じるのである。
 1号休んだことで、気づくこと、改めて認識することはたくさんあった。コロナそのものは歓迎できないけれど、コロナで気づいた大事なこと(もの)がたくさんあるのも事実だ。これからはとくに、大事なものを見失わないようにしないといけないね。
posted by 坂本竜男 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年08月31日

エゴイスタス vol.36、制作進行中

 エゴイスタス vol.36は創刊9周年。そして、コロナ過のなか制作していることもあり、不思議な縁もあって形になり始めています。本当に不思議な縁やきっかけでページでできています。
 毎号そんな気もちで作ってますが、今回はとくに特別な号になりそうです。
posted by 坂本竜男 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年08月29日

自粛規制解除後初のエゴイスタス

 現在、エゴイスタスvol.36の製作真っ只中である。vol.36は創刊9周年になるだけでなく、新型コロナウイルス感染症拡大による自粛規制解除後初のエゴイスタスでもある。
 本来の発行月である6月はコロナのことも踏まえて発行は控えたわけだが、たった1号休んだだけでも自分の中では大きな違和感が生じていた。やるべきことをやれてない焦りもあったが、自分の中に大きな穴が空いたような感覚にも陥った。やはり自分で認識している以上に、エゴイスタスの意味は大きかったようだ。
 しかし、1号でも休んだことは、改めてエゴイスタスを見直すという点では良かったのかもしれない。再スタートとはちょっと違う気がするが、新たな気持ちで発行に臨めているのは良いことだ。
 そう言いながら、いつものように全体の構成や自分の文章で悩んではいるのだけど。でも、これも実は楽しい悩みなんだろうな。
posted by 坂本竜男 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年07月30日

エゴイスタス、再開決定!

 新型コロナウイルス感染拡大で一時的に休刊していたエゴイスタスだが、9月より発行を再開することを決意した。
 現在、全国的にコロナの感染者は増えて続けている。そのほとんどが症状が出てない人たちとはいえ、楽観視できる数字ではない。しかし、文化的なことも踏まえて、発信を止めてしまうことの危機感も同時に感じている。制作・配布(設置)に細心の注意を払いながら、改めてエゴイスタスを発信していく予定だ。
 今日もお客様や業者さんとお話ししながら、今だからこそ発信すべきこと、続けていく意味があるのではないかと感じた。エゴイスタスが今の時代だからこそ必要な発信ができるように前へ進んでいきたい。
posted by 坂本竜男 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年07月21日

いつ再開するか

 東京では200人を超える新型コロナウイルスの感染者が連日出ている。それだけでなく、その周辺も含む関東、そして大阪を中心とする関西圏も、自粛規制解除後最大規模と言っていいくらい増加している。それは九州でもその傾向があり、特に福岡は感染者が多い。
 コロナが落ち着いてからエゴイスタスを再開しようと思っているが、この状況では予定していた9月再開は難しい可能性が出てきた。
 今はまだ外出を規制されているわけではないが、規制が段階的に解除が進んでから感染者も増えていることを考えると、ここは慎重にならざるを得ない。というか、これからのエゴイスタスのあり方をも考え直す必要があるのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年06月01日

エゴイスタスの発行見送りを決定

 今日から6月。本来ならエゴイスタスの発行月だが、今回は発行を見送ることにした。
 新型コロナウイルスの影響は執筆者の方たちも大きく、製作が全くできていないこと。緊急事態宣言は解除されたとはいえ、北九州では第二波が来るなどまだまだ予断を許さないことが主な理由である。ちなみにvol.35はコロナの影響が拡大し始めた3月中旬発行だったが、その前に誌面はほぼできあがっており、発行に踏み切った次第である。
 これからは状況を見て発行時期を判断していく予定。9月に次号を発行できればと考えているが、今は慎重に進めていきたい。
posted by 坂本竜男 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年04月22日

新型コロナウイルスによる今後のエゴイスタスについて

 新型コロナウイルスの影響が長引いている。外出自粛要請は今のところゴールデンウィークが終わるまでだが、緊急事態宣言後も思ったほど感染者が減ってないことから、もうしばらく延長される可能性が高い。エゴイスタスの発行も、それに伴いどうすべきか考えなければいけない時期に来ている。
 エゴイスタスを設置していただいている美術館や博物館、市や県の施設などは、現在軒並み休館中である。そして、飲食店をはじめとするお店も営業時間が限定されたり、タイクアウトのみの対応だったり、休業されていたりしている。エゴイスタスは読んでいただいてなんぼ、置いていただいてなんぼだから、この状況が続けば休刊はやむを得ないだろう。
 ネットでの発信なども考えられるが、直接手に取ってみる紙媒体の魅力は大事にしたい。ネット配信は最後の手段だ。
 ゴールデンウィークが終わった時点で、発行を続けるか、一時休刊するか判断しなければならない。早くこの事態が終息し、休刊を免れればいいのだが…。
posted by 坂本竜男 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年04月03日

新型コロナウイルスによるエゴイスタス配本の影響について

 エゴイスタスは、北部九州ではできる限り手配りでの配本を基本としている。しかし、今回の新型コロナウイルスの拡大で、やむをえず福岡市と大分市を運送便による配送もしくは郵送で対応した。
 福岡市内は福岡県立美術館が早めの閉館に入り再開を待っていたのだが、さらに感染者が増え、手配りによる配本は断念せざるをえなかった。
 今の所、新型コロナウイルスの終息は目処が立ってない。1年以上終息にはかかると見る専門家もいる。事態は日に日に深刻化している。当然、エゴイスタスも配本(もしくは発信の方法)を考えなければならない。
 これを発信の仕方を改めて考えるいい機会と捉え、とにかく前に進むしかない。
posted by 坂本竜男 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年03月11日

エゴイスタスvol.35、予定より早く到着!

20.3.111.jpg

 エゴイスタスvol.35が、予定よりも早く印刷から到着。予定よりも早い仕上がりはありがたい。
 今回は新しい執筆者が3名。vol.35は今年最初の発行だが、それにふさわしい新鮮な号になった。当然、今回も充実した内容。熱い思いがこもった一冊だ。
 これから配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年03月05日

エゴイスタスvol.35、入稿完了!

 エゴイスタスvol.35も無事に入稿が終わった。
 今回は、製作にかかり始めたのがいつもより遅かっただけに内心ヒヤヒヤした部分もあったが、最終的にはバタバタすることもなく入稿することができた。なんだかんだで、効率は良くなっているのかな。
 というわけではないが、vol.35はいつもよりも少し早くお届けできそうだ。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

エゴイスタス vol.35、入稿間近

 エゴイスタスvol.35の製作もいよいよ大詰め。採集チェックの段階に入っている。これで問題がなければ入稿だ。
 今回は新しい方も3名登場し、春にふさわしく新鮮な号になった。毎回、春発行の号は色々重なる時期だからちょっとスケジュールがタイトになるが、新しい動きも多くて刺激が多いときでもある。vol.35もそんな号と言ってもいいのではないかな。
posted by 坂本竜男 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年02月29日

エゴイスタス vol.35 制作中

 現在、エゴイスタス vol.35の制作の真っ最中……と言いつつ、今回はまだ進み方がゆるやかだ。撮影はある程度終わっているが、本文は手付かず。やっと全体のページ割りが決まったばかりだ。
 今の時期は確定申告や新年度に向けての仕事が重なるし、2月は短いからどうしても通常よりもタイトになってしまう。それに加えて、ロードバイクを復活させたから尚更だ。
 そして、誌面が惰性で流れた感じにならないよう、僕自身も新たな動きを始めている。これが具体的な形になるのはもう少し後になると思うが、その片鱗のようなものはvol.35でお見せできるかもしれない。しばらくは踏ん張り時だ。
posted by 坂本竜男 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年12月11日

エゴイスタス vol.34 本日、発行

19.12.111.jpg

 エゴイスタスvol.34が無事に印刷会社から届いた。例年よりも少し早い発行である。
 今回は、このタイミングでどうしても書きたいことがあって、僕がいつもよりもたくさん書いています。ご了承ください。今でないとダメなんです。
 今から配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年12月04日

エゴイスタス vol.34 入稿完了

 エゴイスタスvol.34も無事に入稿完了。今回は今年最後の号でもあるので、通常よりも早めの発行予定。来週中旬には発行できそうです。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

書きたいこと

 比較的短めの文章はよく書くのだが、いま、ちょっと長めの文章をエゴイスタスで書いている。苦労するかと思いきや、最近いつも考えていることを書いているせいか、書き出したら意外にスラスラ出てきて、逆に枠に収めるのに苦労をしているくらいだ。
 そう、今度のエゴイスタスは僕自身が訴えたいこと(打ち出したいこと)がたくさんある。そのため、ちょっといつもとは違う感じになっている。時期的にも今のタイミングしかないので、これには目をつぶっていただきたい。エゴイスタスvol.34は、ある意味わがままな号かもしれません。
posted by 坂本竜男 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年11月30日

エゴイスタスvol.34製作中

 現在、エゴイスタスvol.34の製作中。今回はいつもとはちょっと違う号になりそう。デザインというより、文章だな…。
posted by 坂本竜男 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年11月27日

いつもより長めの文章

 いつもエゴイスタスでは、他の方よりも長めの文章を書いている僕だが、vol.34ではさらに長い文章を書く必要が出てきた。つまり、訴えたいことがあるのである。伝えたいことがあるのである。いつも以上に。それも、割と早急に。
 そういうわけで、エゴイスタスvol.34はちょっとだけ趣が変わるかも、です。でも、基本は何も変わりません。
 ちなみに、いくら僕が発行人&編集長だからといって、エゴイスタスを私物化しているわけではありません。(念のため)
posted by 坂本竜男 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年11月19日

エゴイスタスができること、エゴイスタスでできること

 いい意味でのエゴイストたちを発信するフリーペーパーとしてスタートしたエゴイスタス。エゴイストの発信という部分では、発行部数の割にはそれなりに成果が出ているように思う。
 そしてそれは、エゴイストたちをつなぐところに発展し、それが地域とも連動し始めてきた。エゴイスタスができることって、こんなところもあるのかなと思う(無論、それらの全てではないが)。
 では、エゴイスタスがこれからできることはなんなのだろう?それはフリーペーパーだからできることなのか、メディアだからできることなのか。いや、それらを踏まえた上で、エゴイスタスでなければできないことを模索していかなければならないのではないか?そんな気が今しているのである。
 それは、そういうことを考えさせられるようなことがたびたび起こっているからなのだが、エゴイスタスの役割がいい意味で変わりつつあるのかなという気もしている。
 次号は来月中旬発行予定。次号ではそれをある程度ひとつの形としてお見せできるはずだ。
posted by 坂本竜男 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas
Powered by さくらのブログ