2020年04月03日

新型コロナウイルスによるエゴイスタス配本の影響について

 エゴイスタスは、北部九州ではできる限り手配りでの配本を基本としている。しかし、今回の新型コロナウイルスの拡大で、やむをえず福岡市と大分市を運送便による配送もしくは郵送で対応した。
 福岡市内は福岡県立美術館が早めの閉館に入り再開を待っていたのだが、さらに感染者が増え、手配りによる配本は断念せざるをえなかった。
 今の所、新型コロナウイルスの終息は目処が立ってない。1年以上終息にはかかると見る専門家もいる。事態は日に日に深刻化している。当然、エゴイスタスも配本(もしくは発信の方法)を考えなければならない。
 これを発信の仕方を改めて考えるいい機会と捉え、とにかく前に進むしかない。
posted by 坂本竜男 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年03月11日

エゴイスタスvol.35、予定より早く到着!

20.3.111.jpg

 エゴイスタスvol.35が、予定よりも早く印刷から到着。予定よりも早い仕上がりはありがたい。
 今回は新しい執筆者が3名。vol.35は今年最初の発行だが、それにふさわしい新鮮な号になった。当然、今回も充実した内容。熱い思いがこもった一冊だ。
 これから配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年03月05日

エゴイスタスvol.35、入稿完了!

 エゴイスタスvol.35も無事に入稿が終わった。
 今回は、製作にかかり始めたのがいつもより遅かっただけに内心ヒヤヒヤした部分もあったが、最終的にはバタバタすることもなく入稿することができた。なんだかんだで、効率は良くなっているのかな。
 というわけではないが、vol.35はいつもよりも少し早くお届けできそうだ。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

エゴイスタス vol.35、入稿間近

 エゴイスタスvol.35の製作もいよいよ大詰め。採集チェックの段階に入っている。これで問題がなければ入稿だ。
 今回は新しい方も3名登場し、春にふさわしく新鮮な号になった。毎回、春発行の号は色々重なる時期だからちょっとスケジュールがタイトになるが、新しい動きも多くて刺激が多いときでもある。vol.35もそんな号と言ってもいいのではないかな。
posted by 坂本竜男 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2020年02月29日

エゴイスタス vol.35 制作中

 現在、エゴイスタス vol.35の制作の真っ最中……と言いつつ、今回はまだ進み方がゆるやかだ。撮影はある程度終わっているが、本文は手付かず。やっと全体のページ割りが決まったばかりだ。
 今の時期は確定申告や新年度に向けての仕事が重なるし、2月は短いからどうしても通常よりもタイトになってしまう。それに加えて、ロードバイクを復活させたから尚更だ。
 そして、誌面が惰性で流れた感じにならないよう、僕自身も新たな動きを始めている。これが具体的な形になるのはもう少し後になると思うが、その片鱗のようなものはvol.35でお見せできるかもしれない。しばらくは踏ん張り時だ。
posted by 坂本竜男 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年12月11日

エゴイスタス vol.34 本日、発行

19.12.111.jpg

 エゴイスタスvol.34が無事に印刷会社から届いた。例年よりも少し早い発行である。
 今回は、このタイミングでどうしても書きたいことがあって、僕がいつもよりもたくさん書いています。ご了承ください。今でないとダメなんです。
 今から配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年12月04日

エゴイスタス vol.34 入稿完了

 エゴイスタスvol.34も無事に入稿完了。今回は今年最後の号でもあるので、通常よりも早めの発行予定。来週中旬には発行できそうです。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

書きたいこと

 比較的短めの文章はよく書くのだが、いま、ちょっと長めの文章をエゴイスタスで書いている。苦労するかと思いきや、最近いつも考えていることを書いているせいか、書き出したら意外にスラスラ出てきて、逆に枠に収めるのに苦労をしているくらいだ。
 そう、今度のエゴイスタスは僕自身が訴えたいこと(打ち出したいこと)がたくさんある。そのため、ちょっといつもとは違う感じになっている。時期的にも今のタイミングしかないので、これには目をつぶっていただきたい。エゴイスタスvol.34は、ある意味わがままな号かもしれません。
posted by 坂本竜男 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年11月30日

エゴイスタスvol.34製作中

 現在、エゴイスタスvol.34の製作中。今回はいつもとはちょっと違う号になりそう。デザインというより、文章だな…。
posted by 坂本竜男 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年11月27日

いつもより長めの文章

 いつもエゴイスタスでは、他の方よりも長めの文章を書いている僕だが、vol.34ではさらに長い文章を書く必要が出てきた。つまり、訴えたいことがあるのである。伝えたいことがあるのである。いつも以上に。それも、割と早急に。
 そういうわけで、エゴイスタスvol.34はちょっとだけ趣が変わるかも、です。でも、基本は何も変わりません。
 ちなみに、いくら僕が発行人&編集長だからといって、エゴイスタスを私物化しているわけではありません。(念のため)
posted by 坂本竜男 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年11月19日

エゴイスタスができること、エゴイスタスでできること

 いい意味でのエゴイストたちを発信するフリーペーパーとしてスタートしたエゴイスタス。エゴイストの発信という部分では、発行部数の割にはそれなりに成果が出ているように思う。
 そしてそれは、エゴイストたちをつなぐところに発展し、それが地域とも連動し始めてきた。エゴイスタスができることって、こんなところもあるのかなと思う(無論、それらの全てではないが)。
 では、エゴイスタスがこれからできることはなんなのだろう?それはフリーペーパーだからできることなのか、メディアだからできることなのか。いや、それらを踏まえた上で、エゴイスタスでなければできないことを模索していかなければならないのではないか?そんな気が今しているのである。
 それは、そういうことを考えさせられるようなことがたびたび起こっているからなのだが、エゴイスタスの役割がいい意味で変わりつつあるのかなという気もしている。
 次号は来月中旬発行予定。次号ではそれをある程度ひとつの形としてお見せできるはずだ。
posted by 坂本竜男 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年11月16日

エゴイスタスの意義

 最近、エゴイスタスへの反応が変わってきているような気がしている。実際に、SNSやメール、直接伺うお話などいろいろな形でそれを感じている。
 もともと、まだ知られていないクリエイターの方たちや職人さん、お店のオーナーさんたちを知ってもらうために創刊したのだが、それがどんどん大きな意義を持ち出し、それによって読者の方たちの反応にも変化が出てきたように感じるのだ。
 エゴイスタスで発信されるいい意味での「エゴ」の枠が、どんどん大きくなってきているのだろう。それが反応の変化につながっているに違いないのだ。
 だから当然「昔は面白かったと思っていたが、今はちょっと…」と思う方もいらっしゃるだろう。逆に「今の方がいい」と言ってくださる方もいらっしゃる。これは良い悪いというよりも、方向性の問題だ。エゴイスタスが意義があると思う方向へシフトしているだけの話である。
 では、エゴイスタスの意義とは何か?もっと知られるべき人、モノ、そしてコトを発信していくことに変わりはない。ただそれらが個人的な枠から大きく広がったもの、より多くの人をいい意味で巻き込めるものにシフトしていきたい。
posted by 坂本竜男 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年10月24日

フリーペーパーという枠

 エゴイスタスはフリーペーパーではあるけれど、どうも従来のフリーペーパーや、いま注目されているフリーペーパーの流れから外れてきているようだ。つまり、現在の大きなフリーペーパーの流れとは違うところにいると言える。
 従来のフリーペーパーは、広告収入で成り立つ、広告ありきのものだ。これは広告の集まりが主であり、読み応えがある部分は少なめなことが多い。
 ここ10年くらいは広告に頼るのではなく、発行者側が目的を持って発行し、そのための資金を募る。あるいは自ら負担する。そういうものが増えてきている。広告を出すというよりも、出資をするという感覚に近い。エゴイスタスもそれに近い。
 だが、そんな中でもエゴイスタスは特殊であると思う。たった一人の人間が発行・編集・デザインを行うこと。いきなり内容が始まり、いきなり終わる。ある意味とても不親切な本であること。面白がってくださる人がおられる人がおられる一方、全く意味がわからない人も多々おられるだろう。
 これまでエゴイスタスは、フリーペーパーという形態をとっていることもあり、フリーペーパーという枠の中で考えてきた。当然、ほかのフリーペーパーの動向なども気にしてきた。しかし、そのことに大きな意味がなくなってきているのではないかと感じ始めている。つまり、フリーペーパーではあるけれど、フリーペーパーという枠を外して考えた方が良いのではないかと思っているのだ。
 では、フリーペーパーの枠を外す、とはどういうことなのか。実はまだその答えは出ていない。しかし、ぼんやりと形が見え始めてきている。
posted by 坂本竜男 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年09月14日

エゴイスタス vol.33、今日発行!

19.9.141.jpg

 エゴイスタス vol.33が今日、印刷会社から無事に届いた。
 創刊9年目に入る今号は、秋らしくちょっとアーティスティックに……。
 今から配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年09月05日

エゴイスタスvol.33、入稿完了

 エゴイスタスvol.33も、無事に入稿が終わった。
 終わってみると、特に問題なく進んだように見えるが、今回はいろいろといつもとは違う類の問題が起きて、一時は発行の延期を覚悟するほどだった。災害の問題、そして自分自身の体調が大きかったわけだが、これからは今まで以上に過信は禁物、不測の事態に常に備えておくべし、ということなのだろう。今回はそういう意味でも学びがあった号と言えなくもない。
posted by 坂本竜男 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年09月04日

入稿1日前

 エゴイスタスの入稿1日前。寄稿していただいたページは全て校了。今回も充実の内容である。
 ただ、問題がただ一つ。巻末の僕の原稿が未だ手付かず。こんなことはまるまる8年続けてきて初めてのこと。流石に少々焦ってきた。さて、どうしましょ?
posted by 坂本竜男 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年09月03日

必要なステップ

 エゴイスタスvol.33の製作も大詰め。しかし、今回の佐賀を中心とした大雨による災害の影響や、僕自身の体調の問題もあって、今までとは違う種類の困難に立ち向かっている。
 だが、困難とは言っても、これは新しい展開のために必要なステップのような気もしていて、なんとか気持ち的にも前に進めている。
 よく考えたら、この兆しはもう少し前から感じていたことではあった。エゴイスタスだけの話ではないが、これらを中心にいろいろと状況が変わり始めているのだ。
 では、新しい展開が何かは具体的にはまだわからない。おそらく、想像もしていない「何か」が起こるのだろう。そのためにも、まずは身体をちゃんと直さなければ。
posted by 坂本竜男 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年06月16日

日曜日の福岡配本

19.6.162.jpg

 今日はエゴイスタスの福岡配本。珍しく日曜日の配本である。
 休みは街中が人が多く、駐車場も空いてることが少ないから、福岡配本は日曜は避けていた。しかし、福岡に向かうまではやや混んでいたものの、市内に入るとむしろ平日よりも車がかなり少ない。市内の車での移動は日曜の方がラクだ。これなら日曜の方がイイ……?
 と思ったら、やっぱり駐車場は空きが少ない。今日はたまたま運よくスムーズに停めれたけど、いつもこうとは限らない。さて、平日がいいか、日曜がいいのか……?
posted by 坂本竜男 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年06月14日

エゴイスタス vol.32 到着!

19.6.141.jpg

 エゴイスタス Vol.32が無事に印刷から到着。最近は運送会社がどこもかなりタイトだから、1〜2日の遅れは覚悟していたけど、無事に予定通り到着した。
 今回も前号に引き続き、アーティスティックな感じだが、前号とは違うジャンルも加わり、より幅が出たように思う。
 これから配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年06月05日

エゴイスタス vol.32、入稿完了!

 エゴイスタス vol.32の入稿がようやく終わった。
 今回は製作時期と出張が重なり、しかも想定外のことがいろいろあって(決して悪いことではなく)どうなることかと思ったが、結果的にはとてもいい形に収まったように思う。
 今号で創刊からまるまる8年。このいい形での収まりは、僕にとってしっかりと糧になるものだ。
 ちなみに、今号ではささやかながら新たな試みをいくつかしている。これは製作者側の個人的なものと言っていい程度のものも含まれるが、それもvol.32の一つの楽しみになっている。それがどういったものなのか、お時間がある方はそれを考えながら手にとっていただくと、ちょっと面白いかもしれません。
posted by 坂本竜男 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas
Powered by さくらのブログ