2013年04月10日

Lus 飲み(食い)

 前からやってみたかったLus cafe でお酒と食事を楽しむ「Lus 飲み(食い)」。これは思ったとおり、かなりイイ!

13.4.101.jpg

13.4.102.jpg

13.4.103.jpg

13.4.104.jpg

 美味いものをガッツリ食べて、美味いお酒をガッツリ飲む。これが手頃な金額で楽しめるからイイ。しかも、たっぷり楽しい話をしながら。ただ、一つ一つのメニューがボリュームがあるので、いろいろ楽しみたいときは2人で来るのがベストかな。
posted by 坂本竜男 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2013年01月27日

お食事処かわむら

 今日は1日久留米で仕事。仕事を早く終わらせて、しっかり食べて飲むぞ〜と思っていたが、仕事が終わったの時間は多くのお店がオーダーストップ。しかし、こんなときには心強い味方がいる。お食事処かわむらである。「出没!アド街ック天国」でも取り上げられた、昭和の香りが残るお店だ。

13.1.261.jpg

13.1.262.jpg

13.1.263.jpg

 ここで、サッポロ黒ラベル1本、豚の角煮、キムチライス、お味噌汁を楽しむ。久しぶりに来たけれど、やはり美味い。そして安い。しかもボリュームたっぷり。大飯食らいの僕には、とてもありがたいお店だ。
 実は、注文するのはいつもキムチライス。たまには違うメニューも挑戦せねば。
posted by 坂本竜男 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2013年01月18日

窓 cafe 空

 また素敵なお店との出会いがあった。福岡市の「窓cafe空」である。

13.1.181.jpg

13.1.182.jpg
 なんとも商売っけのない、しかし気になるお店の入口。そして、お香の香りが心地良い、落ち着く空間だった。福岡の街中にあって、ここだけ時間の流れが違うような感じだ。隠れ家的でもあり、教えたいけど教えたくないような…そんなお店である。

13.1.183.jpg
 頂いたのはぜんざい。実は僕は結構、甘党なのだ。程よい甘さで美味。ほかにも気になるメニューがちらほら。これは一つ一つ攻めてみたくなる。今度は時間のあるときに、じっくり攻めてみよう。
posted by 坂本竜男 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年12月24日

エゴイスタス忘年会 2日目

 エゴイスタスの忘年会は、今年も2日がかり。2日目は豆田町を散策する予定だったが、あまりの寒さに予定変更。そこで向かったのは…

12.12.241.jpg
 おかあさんのパン。ちなみに雪が5cmくらい積もっている。さすが、日田。冬の寒さは厳しい。おかあさんのパンで朝食を食べ、雪景色を楽しみつつ、お目当てのパンが焼き上がるのを待つ。そして焼き上がったばかりのパンをたくさん買い込む。小鹿田も行きたかったが、雪の為に断念。これは来年の楽しみにとっておこう。

12.12.242.jpg
 そして、ランチは日田焼きそば。行ったのは想夫恋本店。やはり日田と言えばこれでしょう。ボリュームたっぷりで大満足。
 お腹いっぱいになった後は、怒濤のお店巡りをスタート。ちなみに今回はかなりまわったので、とりあえず写真はなし。それでは初日も含めて、まわったお店をすべて紹介〜。

23日
お料理 高嶋(日田)

天領日田洋酒博物館(日田)

アートカフェ桃の木(日田)


24日
おかあさんのパン(日田)

想夫恋本店(日田)

四月の魚(うきは)

テカラ(うきは)

カンブツ屋+cafe 空豆(久留米)

月戸莉(久留米)

あだち珈琲 久留米店(久留米)

ミニカーギャラリー PIT 久留米店(久留米)

R's Cafe(筑紫野)

 意外にもバタバタすることなく、じっくりまわることができた。時間ってこんなに有効に使えるものなのだ。
 しかし、僕の独断と偏見で選んだお店巡りだったが、それぞれのお店が明確な主張と個性、素晴らしい商品があり、大いに刺激を受けた。そして、もの凄く濃密で楽しいツアーだった。いろいろな地域でこういった濃密なツアーがやれれば面白い。来年はいろいろ企画してみようかな。
 
posted by 坂本竜男 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年09月25日

古民家カフェ 和SABURO

 いろいろなところへ行く反面、肝心の地元を良く知らないことを何とかしたいと思い始めて、はや数年。まだまだ知らないことばかり。そうこうしているうちに、新しいお店が次々にオープンしたりして、地元もどんどん変わっていっている。
 そんな中、古物雑貨屋 a.n.t さんの紹介で、知る人ぞ知る今年オープンしたばかりのカフェ、和SABUROへ。鳥栖の人気カレー店、SABUROさんの経営されるカフェだ。

12.9.251.jpg

12.9.252.jpg
 昭和の民家を改装した店内は、良い意味で和に振りすぎない居心地の良い空間。入口からテラスまで続く土間がなんとも僕好み。ゆっくりくつろぎたくなる雰囲気だ。

12.9.253.jpg
 土間の先のテラスはまた違う雰囲気。店内の照明を落とした落ち着いた空間とはまた好対照。明るくて爽やかだ。

12.9.254.jpg

12.9.255.jpg
 今日頂いたのはピザのランチと小さなケーキとコーヒーのセット。全部で1,000円。1,000円でランチからデザート、そしてコーヒーまで楽しめる。いろいろ楽しみたい方にはピッタリだ。
 これからもメニューの充実や空間の演出等、いろいろと考えておられるそうだ。地元での楽しみが、またひとつ増えた。
posted by 坂本竜男 at 20:50| Comment(6) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年09月17日

アトリエ華もみじワークショップフェア

12.9.171.jpg
 台風の影響で、配本予定のお店に行けなくなったので、急遽予定変更。イオンモール筑紫野で開催中のアトリエ華もみじワークショップフェアへ。

12.9.172.jpg

12.9.173.jpg
 好きな多肉植物を切って、好きなように寄せ植えできるワークショップ。土がいらないから手も汚れないし、手軽に短時間で楽しめる。しかも水を蓄えることが出来る植物なので、水やりは霧吹きで月2回程度で大丈夫。育てるのもラク。僕みたいなズボラだけど部屋に緑が欲しいというワガママにはもってこい。

12.9.174.jpg
 寄せ植えもセンス次第でこんなにカワイクできる。多肉植物ってカワイイ。

12.9.175.jpg
 でも、近寄ると意外に生命に満ちあふれていてパワフル。まさに命の固まりだ。小さな中に、とてもエネルギーに満ちた世界が存在するのだ。

12.9.176.jpg
 で、ささやかながら僕も多肉植物デビュー。う〜ん、見ていて飽きない!この中にひとつの宇宙があるかのようだ。次はもう少し大きいのを買いたいな。
posted by 坂本竜男 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年08月20日

LUS CAFE お披露目会

12.8.191.jpg

12.8.192.jpg

12.8.193.jpg

12.8.194.jpg

 お誘いを受けていたお店のお披露目会に行って来た。今月24日に久留米でオープンする素敵なお店である。
 とても雰囲気の良い空間だが、よく見るといろいろなところにユニークなディテールが散りばめられていて、とても面白い。それらは作為的でも、奇をてらってるわけでもない。ユニークがさりげなくまとまっている。これはとても高度だ。
 お披露目会は大盛況で、遅い時間まで人が絶えなかった。そして、その来られている方達が醸し出す空気感がまた素晴しい。これもオーナーさんのお人柄ゆえだろう。僕自身、あまりの居心地の良さに、遅い時間まで話し込んでしまった。
 何とも言えない居心地の良さと、あたたかいお店の空気感。おそらく常連になるであろう魅力あるお店が、また一つ誕生した。オープンしたら、ランチを食べに行きたいな〜。でも、夜にお酒も良いかも。
posted by 坂本竜男 at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年08月19日

僕のパワースポット

12.8.19.jpg

 17日から18日にかけての2日間、日田のおかあさんのパンで過ごした。ここは環境が良いのはもちろんだが、それだけではない素晴らしさに溢れている。だから、ここのパンはおいしいだけではなく、パワーがあふれているのだ。
 2日間過ごしてみて、僕は本当の豊かさが何か、その答えの一つがおかあさんのパンにあるような気がした。自然が一杯の素晴らしい環境とおいしい食事。あたたかい人たちとやりがいのある仕事。ここには多くの人たちが失いかけている豊かさに溢れている。僕がまるでパワースポットのように、いろいろな神秘的なものや大きな力を感じるのは、それが大きな理由かもしれない。
posted by 坂本竜男 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年08月12日

メトロカフェ

12.8.124.jpg

12.8.125.jpg

12.8.126.jpg

 地方には宝物が一杯ある。これはここ数年、改めて感じることだ。日本の昔ながらの素晴らしい文化がまだまだたくさん残っているし、それを若い人たちが守り、受け継ぎながら新しい試みをされている。今日、お邪魔したメトロカフェも、まさにそんなお店だ。
 お店は元酒蔵である天聽の蔵の母屋。歴史のある建物は、それだけでも趣があって素晴らしい。とても落ち着く空間だ。店内には絵本スペースも設けてあり、かなりの冊数が設置されている。飲物などメニューの価格設定は極めて良心的。これからイベントなど、どんどん積極的に発信されていくとのこと。要チェックのお店がまた一つ増えた。
posted by 坂本竜男 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年07月11日

R's Cafe 再び!

12.7.11.jpg

 今日のちょっと遅めのランチは再びR's Cafeで。今度は、前回気になっていたオムライスを注文。フワフワ玉子とソースのハーモニーがたまらん!あっという間に食べ尽くしてしまった。もっと、じっくり味わいながら食べれば良かったかな〜。今度、大盛りに出来るか聞いてみよう。
 R's Cafeの良さはコーヒーとランチだけではない。イベントなど積極的に行われているのは、前回も書いた。しかし、それにたくさんのプラスアルファを感じるのだ。それはオーナーさんや店長さんの「好き」と、僕の「好き」が大きくリンクしているからなのだろう。お店を出てからも、僕のワクワク感は膨らむ一方だった。
posted by 坂本竜男 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年07月08日

第2回 ほとめきマルシェ

 あだち珈琲さんで1Day Shop「ほとめきマルシェ」が2度目の開催!ということで、天気も良いので意気揚々と自転車を走らせた。今回の出店は…

12.7.81.jpg

12.7.82.jpg
我らが鳥栖を代表する雑貨屋さん、zakka inonico さん

12.7.83.jpg

12.7.81.jpg
柳川のおやつと雑貨と珈琲のお店、ムトー商店さん

12.7.81.jpg

12.7.81.jpg
手作り布小物、洋服の人気作家、icoma さん

 今回もお客さんで店内は一杯。大盛況だった。そして、僕自身、いろいろな刺激を頂いたイベントだった。
 こういったコラボイベントは決して少なくはないが、一つ柱が出来ると、それはありふれたものではなくなる。このご時世でも、しっかりと集客力のある魅力あるイベントができるのだ。こういった魅力溢れる発信を続けるあだち珈琲さんは、これからも目が離せない。
posted by 坂本竜男 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2012年03月21日

PINEBOOKSにて

12.3.212.jpg

 大木→柳川と廻り、最後は佐賀市のPINEBOOKS。アート系の本を中心とした品揃えの古本屋さんだが、中にはカフェスペースがあり、ここもコミュニティスペースとしての役割を持たせながら、販売をされている。まだカフェは始まったばかりだそうだが、これからより面白くなっていくに違いない。
posted by 坂本竜男 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2011年11月23日

ほとめきまるしぇ

 あだちさんトコで「ほとめきまるしぇ」という1dayショップが開催されるということで、さっそく行ってみることに。

11.11.231.jpg

11.11.232.jpg

 出店されるのは、ZAKKA inonicoさんバナナさんhitonaさんicomaさん。コーヒーと雑貨・ファッションのコラボである。イベントは大盛況で、お客さんが絶えない。出店されているお店とあだちさんのコーヒーがとてもマッチして、温かく優しい空気に満ちあふれている。それは置いてある商品も同じ。このあったかい感じ、イイなぁ。
 商品は女性向けのものが多かったけど、そんな中、気になる商品もチラホラ。で、その中でとくに面白いなぁと感心したのがコレ。

11.11.233.jpg
 コンクリートの押しピン。手作りです。この発想は素晴らしい!そしてかわいく仕上がっているのがイイです。
posted by 坂本竜男 at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | お店めぐり

2011年11月09日

オリンピア

11.11.8-5.jpg
 昼食後、立ち寄ったのはオリンピア。ここが実はとても面白い!1階は靴屋さん。センスの良い品揃えで充分魅力的なのだが、今日紹介するのは2階。これがとても面白いのだ。

11.11.8-6.jpg

11.11.8-7.jpg
 一見、脈絡のない品揃えと配置。ディーゼルの財布の横にキッチンタイマーがあったり、イカスミの横に掃除用のコロコロがあったり、どういう意図で配置されているのかよくわからない。しかし、良く見てみると、置いている商品はどれもユニークだったり、デザイン性が高かったりで魅力溢れるものばかり。テーブルウェアから小物、食材、アクセサリー、時計など、何屋さんかわからないくらい商品は多岐に渡る。
 ファッションも品揃えが一般のお店にないようなものばかり。そして、僕のツボにハマるものが少なくない。肩幅が狭く、腕が異様に長いという、特殊体型の僕に合う服がたくさんあるだけでも嬉しいのに、それらのシルエットがとてもキレイだ。ユニークだけでなく、独自のセンスが光る。はっきり言って、僕は1日ココで遊べます。
posted by 坂本竜男 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2011年11月01日

EVER GREY

11.11.1.jpg

 歳を重ねてきて、本来なら年齢に見合った服を買うようになるはずだが、いつの間にか服にお金をかけなくなった自分がいた。ファッションに対する関心がなくなったわけではない。不況でお金をかけれなくなったこともあるが、一番の理由は長く付き合える服に出会ってないということだ。カジュアルとフォーマルの中間のちょうどいいところが日本には驚くくらい少ない。それに加えて、僕は肩幅が狭いのに手がやたら長いという特殊体型。ゆえに身体に合う服がなかなかない。結局、妥協して選ぶことになる。それでお金をかけなくなってしまったのだ。
 そんなとき、「ここだったら、良い服に出会えますよ」と紹介して頂いたのが久留米のEVER GREYだ。決して広くはないお店だが、店内は他のお店にはないフォルムの服や靴が並んでいる。そしてよく見ると、ディテールも凝っているし、作りがすこぶる良い。そして流行を意識したデザインではないので、流行に関係なく長く付き合える。話を聞くと、取り扱ってある服や靴のほとんどが国内のデザイナーによるものなのだそうだ。シャツは1万円から、ジャケットは4〜5万円から、靴は5〜6万円からと、決して安くはないが、どれも作りが良いし、長く付き合えるデザインだ。そしてジャケットやスーツはオーダーメイドにも対応している。長い目で見ると、安いファストファッションを数年おきに買い替えるより安上がりだし、満足度も高い。そして、もちろんエコだ。
 今の僕は、決して服にはお金をかけていないが、少しずつ長く付き合えるアイテムを増やしていこうと思う。もう、価格競争の時代は終わらせないとね。
posted by 坂本竜男 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2011年08月17日

古物雑貨屋ant

 近頃の天気は自転車で動きにくい。晴れていると思ったら、あっという間に曇ってスコール。そのスコールも短ければ良いが、たまにしつこいくらい長い時がある。それにいつ降るかもよくわからない。結局、遠出は諦めることになる。そこで今日は地元をプチ探索。と言うか、実は最近存在を知って、行こうと決めていたところなんだけどね。

11.8.17-1.jpg

11.8.17-2.jpg

 そのお店は、古物雑貨屋ant。我が家から自転車で5〜6分。意外に近所を探索することなんてないから、こういう出会いや発見は嬉しいのだ。
 お店はこじんまりしているが、什器と商品がセンスよく並び、オーナーさんの人柄もあって、とてもオープンでやさしい雰囲気だ。古物、小物、雑貨と最近はいろいろなお店で見てきたが、それぞれに特徴があって面白い。antには、ほかではあまり見かけない古物が多く、オーナーさんの好みがしっかり反映されている。今年にオープンしたばかりで、まだまだだとおっしゃっていたが、これからお店をどう育てていかれるのか凄く楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2011年08月12日

久留米市小頭町探索

 昨日に引き続き、久留米市小頭町のプチ探索。今日は昨日お休みだった、器のお店「晴る」からスタート。

11.8.11-1.jpg

11.8.11-2.jpg

 地元の作家さんの器を中心に、布ものなど温かみのある商品が並ぶ。小頭町公園の緑がすぐそばにあるロケーションと、魅力的な器がリンクする。器そのものの魅力に加え、そのたたずまい、そして器から感じるバックグラウンドに奥行きを感じる。器がいろいろなこと教えてくれると感じたのは、この10年くらいのことだが、オーナーさんはそのことを本当に熟知されている気がした。やっぱり器は深いし面白い。

11.8.11-3.jpg

11.8.11-4.jpg

 次はカンブツ屋+cafe 空豆。茶室を思わせる、かがまないと入れない入口。それだけで僕は思わずニヤリとしてしまう。乾物とオーガニックな食材を扱いながら、その中にカフェスペースが設けられている。決して広くはないが、豊かな空間だ。
 せっかくなので、カフェで休憩。コーヒー好きの僕は迷わず空豆コーヒーをオーダー。これが今までに味わったことがない味で美味!酸味は少なく香ばしいが、とてもやさしい。こんなコーヒーもあるのか…。コーヒーの世界も広く深い。

11.8.11-5.jpg

 一日の締めはBar Kitchen。外で飲むことが滅多にない僕が、唯一、一人で飲みに行くバーだ。他ではなかなかお目にかかれないお酒が充実しているお店だが、僕自身はお酒が好きな割には全くと言っていいくらいお酒のことを知らない。だから、いつもここで飲む時はおまかせなのだ。今日は夏ということもあり、ビールでスタート。と言ってもここで薦められるビールは、他ではなかなか飲めないものばかり。決してビールが専門ではないのだが、お酒という括りでは「さすが」と感服せざるを得ない。
 マスターとの会話も熱いくらい盛り上がり、気がついたら深夜1時半。今日も良い刺激をたくさん頂いた、充実の一日だった。素晴らしい出会いに改めて感謝。
posted by 坂本竜男 at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2011年08月10日

久留米で裏通りをプチ探索

 裏通りや路地裏が面白いのは、吉井町だけではないようだ。今日は久留米の裏通りで素敵なお店との出会いがあった。

11.8.10-1.jpg

11.8.10-2.jpg

 最初は先日のbezaleel同様、良い意味で他と違う花屋さんTOKOLO。前にも書いたように、僕は多くの花屋さんに違和感を感じている。それは、自然のものを扱っているはずなのに、まるで工場を思わせる人工的なものを感じてしまうからだ(これは僕だけかもしれないが)。しかし、ここはその違和感は存在しない。花や植物が人間と対等にいるような気がするのだ。
 僕は久しぶりに、自分のために花か観葉植物を買う気になっていた。今度は自転車ではなく、クルマで行くことにしよう。

11.8.10-3.jpg

11.8.10-4.jpg

 2件目は紅茶屋の専門店 月戸莉。お店はちょっと分かりにくく、小さな路地の奥にある。しかし、その路地の雰囲気が何とも言えずイイ。お店の中は紅茶の良い香りがいっぱいで心地良い。アイスティにした「レモンとマスカット」をいただいたが、これが美味!ほんのり甘く爽やかでやさしいが、しっかりした感じも同時にある。すっかり気に入ってしまった。
 僕はコーヒーをはじめ、緑茶、ハーブティなど飲み物は大好きなのだが、紅茶に関しては良いお店を知らなかった。ここでおいしい紅茶屋さんとの出会いがあるなんて!これでまた少し、日々の生活が楽しくなるな。(季節の紅茶「レモンとマスカット」を購入しました)

11.8.10-5.jpg

11.8.10-6.jpg

 最後は手づくりアクセサリーと雑貨のお店KAICO。店内は金属や天然石、七宝等を使って作られたオリジナルのアクセサリーやオブジェがたくさんならぶ。その中にレトロな雑貨や、いろいろな種類のボタン、天然石、カギ、器など面白いものがあり、見ていて飽きない。アクセサリーは基本的には女性用として作られてはいるのだが、男性がつけても良さそうなものもあり、間口がとても広い感じだ。お店のオーナーさんはアクセサリー作家さんでもあるので、同じ作り手(表現者)として、いろいろな刺激を受ける。今日の出会いも大事な蓄積の一つとして活きていくに違いない。

posted by 坂本竜男 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2011年08月07日

うきは市吉井町めぐり

 耳納山麓に白壁通り、とごく一部しか知らなかった、うきは市吉井町。しかし、クルマも通れないような路地裏に入ると、違う魅力を味わえるらしい。そこで、早速自転車で吉井町に向かった。

11.8.7-1.jpg

11.8.7-2.jpg

 最初は山下カバン。国道210号線より南側の小さな路地にあるアパートの一室がお店になっている。手づくりカバンと雑貨のお店なのだが、オーナーさん、商品、店内とそれらの空気感がとても素敵だ。
 商品は控えめながらも、芯がしっかりしている感じがあって、小さな小物でも存在感がある。時間の流れもゆっくりした感じで、とても気持ちが落ち着く。お店とオーナーさんの人柄、そして昭和を思い出すロケーションゆえだろう。

11.8.7-3.jpg

11.8.7-4.jpg

 2件目は、のらや。昭和のレトロな雑貨などが数多く並ぶお店だ。小さな頃に家にあったなつかしいものや、レトロな器や小道具、何に使うか分からない道具まで、品揃えは豊富。用途の分からない不思議な小道具の使い方を教えて頂いたり、昔の道具のディテールについて説明してくださったり、とにかく興味深いお話の連続だった。表面的な面白さだけではなく、文化的なバックグラウンドのある素敵なお店だった。

11.8.7-5.jpg

11.8.7-6.jpg

 3件目は耳納山麓のbezaleel(ベザレル)。眺めのいいところにある、ちょっとユニークな花屋さんだ。店内は花屋さんというよりはギャラリーのような雰囲気。明らかに普通の花屋さんとは違う。僕は多くに街の花屋さんに、ちょっとだけ違和感を感じていた。少なくとも、僕にとっては安らぎを得れる場所ではなかった。そのせいもあって、花は好きなのに自ら花屋さんへ行くことはほとんどなかった。しかし、ここにはその違和感がない。その理由はうまく説明できないのだが、おそらく植物に対するオーナーさんの気持ちや姿勢なのだろう。僕はとても気持ちが落ち着いて安らいでいた。

 吉井町は魅力のあるお店がたくさんある。今日行ったのはほんの一部だ。昔の町並みが残る文化的背景と耳納連山と筑後川に挟まれた豊かな自然という、大きなバックグラウンドがあり、そこに若い人たちのエネルギーが注ぎ込まれている。吉井町は公共の無料駐車場も充実しているので、今度はクルマで行って駐車場に停め、歩いて探索したい(器等の割れ物も安心して買えるしね)。
posted by 坂本竜男 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2011年07月22日

zakka inonico

11.7.221.jpg

 鳥栖にこんなお店があったなんて!地元散策を始めて2日目。かわいらしい雰囲気の雑貨屋さん、zakka inonicoに立ち寄った。
 女性のオーナーさんらしい、やさしくかわいらしい雰囲気で、商品の品揃えも基本的にはその方向だが、もちろんそれだけではない。器を含めたキッチンまわりの商品が充実しているが、その中に僕の心を揺さぶる商品を発見。可愛らしいし、値段も安い。時期によって入ってくる商品も違うそうなので、まめにチェックしていた方が良さそうだ。
 で、その僕の心を揺さぶった商品がこれ。

11.7.222.jpg
 
 これで水出しアイスコーヒーを飲んだらいいだろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり
Powered by さくらのブログ