2016年07月19日

山鹿の足湯とさくら湯

16.7.195.jpg

16.7.196.jpg

16.7.191.jpg

16.7.192.jpg

16.7.193.jpg

16.7.194.jpg

 今日はお昼前から山鹿。八千代座での鼓童の公演を観に来たのだが、予定よりも早く到着したのでちょっと散策。もっと時間があれば、温泉を楽しめたのだけれども…。今回は写真だけで我慢。
posted by 坂本竜男 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年08月28日

鳥栖の水道水

 一時期はあれほど、いろいろなところの水を汲んできていたのに、最近ではそれもすっかりなくなった。面倒くさいのもあるが、意外に鳥栖の水道水が悪くないのである。
 とても美味しいというものではないが、とくにヘンなクセや匂いもなく、割とニュートラルな飲み口である。飛び抜けた存在ではないが、平均値は意外に高い、そんな印象だ。だから、コーヒーやお茶を淹れるのに特に不満もない。そう言えば、鳥栖の水が良いということで、わざわざ工場を鳥栖に作った化粧品メーカーもある。
 水は生命の基本の一つ。水が良いと言うのは、そう言う意味でもとてもありがたい。この当たり前に感じていることを、もっと感謝しよう。
posted by 坂本竜男 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年03月19日

天吹酒造の仕込み水

14.3.186.jpg

 またまた巡るネタ。日本酒処 巡るで出している水は、天吹酒造の仕込み水である。これがやわらかくて美味しい。贅沢かもしれないが、できれば常飲用として常備したい水だ。この水でコーヒーを淹れたら美味いだろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年03月22日

白川水源の水を試す

13.3.22.jpg

 名水百選にも選ばれている、熊本の白川水源の水をいただいたので、早速試してみた。
 まず、そのまま飲んでみる。これ見よがしな感じがなく、やわらかで美味しい。さすが九州を代表する名水である。
 で、次はコーヒー。浅煎りも深煎りもそれぞれに良い。何と言っても余計なことをしないのが良い。ただの水なんだから…と思うなかれ。意外に水は余計なことをするものがあるのだ。そういう意味でもさすが名水である。
posted by 坂本竜男 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年03月20日

龍命泉

 阿蘇神社の火振り神事に参加するために、夕方に阿蘇市一の宮に行ったのだが、早めに着いたのでちょっと散策。

13.3.193.jpg

13.3.192.jpg

 一の宮は町の至る所から湧水が湧き出ている、水の豊かな場所だ。「水基(みずき)」と呼ばれる水飲み場が22ヶ所も点在している。それらの水はいずれも美味しい。
 その中でも、個人的に惹かれたのが龍命泉。やわらかだが良い意味でのしっかり感が感じられて美味しい。この水でコーヒーをいれてみたくなる。あぁ、空のペットボトルを持ってきておくべきだった…。
posted by 坂本竜男 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年03月06日

久しぶりのおしとりの泉

13.3.6.jpg

 なかなか日田へ行く時間がとれないので、おかあさんのパンの水も(パンも)しばらくおあずけ。そこで、久しぶりに神埼市のおしとりの泉へ水を汲みに。
 冬はすごく水量が少なくなっていたが、今日は水量が戻っていてひと安心。水量が戻ると、味もよりおいしく感じるから不思議である。本当に違うのかもしれないけれど。
 今日は珍しい(そして面白い)コーヒー豆を入手したので、仕事が終わったらこの水でコーヒーをいれるぞ〜〜。
posted by 坂本竜男 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年01月09日

おかあさんのパンの水を試す2

 おかあさんのパンの水は、やはりかなり良い。お味噌汁はまろやかだし、お茶も美味い。そして、僕の目的のメインとも言えるコーヒーも、プレスでいれる浅煎りの豆は今までベスト。ドリップでいれる深煎りの豆も、今日は昨日よりかなり良くなった。ひょっとすると、僕にとっての新たなリファレンス的な水になるのかも。
posted by 坂本竜男 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年01月07日

おかあさんのパンの水を試す

13.1.74.jpg

 以前から凄く気になっている水があった。僕にとって間接的にはとても馴染み深い水である。そう、おかあさんのパンで使われている水である。あの美味しいパンの重要な要素のひとつ。そして、店内で無料で飲めるコーヒーでも使われている水なのだ。
 早速お願いしてみると、「汲んでいってもいいですよ」と、快く了解してくださった。まず、そのまま飲んでみる。やわらかで美味しい。これは常飲したくなる水だ。
 そして、ここからが本番。コーヒーをいれるのだ。「ばりふか」で試してみると、いつもよりもなめらかだ。やさしく、やわらかい。そして、少しトロみがある。だが、ちょっとだけパンチが足りない。もちろん、ドリップなので毎回同じようにはいかないから、一回だけで結論を出すべきではない。また明日、試してみよう。
posted by 坂本竜男 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年11月09日

週に一回の習慣

12.11.9.jpg

 先週こそ違うところで水を汲んできたが、基本的には週に一回、神埼市のおしとりの泉で天然地下水を汲んでいる。
 ここの水は地元のおいしい豆腐に欠かせない。それだけにお茶やコーヒーにも良く合う。もちろん、そのまま飲んでも美味しい。
 今年は夏こそ雨が多かったが、秋に入って雨量は激減。おしとりの泉も、先月から水量が凄く少ない。僕は今年になってから汲みにくるようになったので、これが毎年のことなのか、今年だけのことかわからない。願わくばもう少し水量が増えれば良いけれど…。そう考えると、日曜日の天気が雨と言う予報が出ても、気持ちはそう悪くないかな。
posted by 坂本竜男 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年11月04日

増えた選択肢

12.11.3-15.jpg

 コーヒーや紅茶で、先日汲んできた「ダムの駅富士 しゃくなげの里の天然地下水」を試しているが、なかなかいい感じだ。いつも使っている「おしとりの泉」の水よりもやわらかめだが、それがとくにコーヒーにはいい具合に作用している。ちょっと優しく、そしてまろやかな味になるのだ。
 どちらが優れているという感じではなく、選択肢が増えたというところだが、それは楽しみが増えたということでもある。どれか一つに決めてしまわず、そのときの気分や状況で変えていくのも悪くないね。
posted by 坂本竜男 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年11月01日

ダムの駅富士 しゃくなげの里の天然地下水

12.11.1-2.jpg

 唐津からの帰りに、ダムの駅富士 しゃくなげの里で休憩。国道323号線沿い、嘉瀬川ダムの堰堤そばにある、道の駅的なところだ。
 ここでは天然地下水を自由に汲める。この地下水についての詳細はどこにも明記されていない。ただ、以前明記されていたと思われる立て看板は立っている。詳細が分からないとは言え、それなりに汲みにくる人は多いので、悪くはないのだろう。飲んでみると、柔らかめに感じるが決して悪くない。夕食後のコーヒーが楽しみだ。
 
posted by 坂本竜男 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年06月14日

おしとりの泉

12.6.14.jpg

 おいしいコーヒーのために、おいしい水が欲しい。できれば近場で。そこで合間をみて、いろいろと試し始めている。
 今回、汲みにいったのは神埼市のおしとりの泉。我が家からはクルマで30分強。水は地下50mから汲み上げた地下水だ。味はやわらかくまろやか。コーヒーはもちろん、お茶やご飯を炊くのにも良さそう。さて、早速試して……と思ったら、豆が…!
posted by 坂本竜男 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年12月15日

地元のおいしい水を探そう

 お茶やコーヒー、お米を炊く時の水は、時間があればわざわざ汲みに行っている。今のところ、個人的なベストは熊本県の吉無田水源の水なのだが、さすがに遠いのでいつも行けるわけではない。だから、熊本まで行けない時はうきは市の清水湧水に行っている。熊本と比べると近いが、それでもやっぱり遠い。そこで鳥栖市内においしい水がないかとふと思った。それは、地元を知る、地元を大事にする、そして地元から発信するということにもつながる。
 調べてみると、西日本新聞が取材した「九州の名水百選」にたどり着いた。そして、その中に鳥栖の水を発見。やはり地元にも名水と呼ばれる水があった。その水は沼川湧水。御手洗の滝とキャンプ場の近くにあるらしい。水質まではわからないが、我が家からはクルマで20分くらいだから結構近い。近いうちに行ってみよう。
posted by 坂本竜男 at 02:31| Comment(2) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ