2020年09月12日

万歩計

20.9.121.jpg

 新しい携帯(ガラケー)には万歩計が搭載されている。別に今時珍しい機能ではないが、ついていて数字に表れるようになると、やはり意識してしまうものだ。
 万歩計の数字を気にするようになってから4日目。ロードバイクに乗ったり、仕事であちこちを駆け回ったりしない限り、一日の歩数は理想とされる8,000歩には遠く及ばず、だいたいその半分弱。それでも万歩計を少しは意識して歩数を家の中で稼ごうとしての結果だから、普段いかに歩いていないかがよくわかる。
 やっと涼しくなって来たことだし、8月の間一回しか乗ってなかったロードバイクを復活させたり、撮影を兼ねていろいろなところへ出向いたり、とにかく身体を動かすことを改めて始めないといけないな〜。
posted by 坂本竜男 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2020年09月09日

しつこくガラケー

20.9.91.jpg

 ついに携帯を買い換え。しつこく、またガラケー。
 でも、僕にはこれで十分。便利さもほどほどに抑えるのが、実は一番自由で良いかなと思っている。
posted by 坂本竜男 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2020年08月27日

HYPERICE HYPERVOLT導入!

20.8.272.jpg

 疲労回復と健康管理のために、奮発してHYPERICE HYPERVOLTを導入した。
 マッサージや筋膜リリース、血流促進、コリの解消などに有効だ。使ってみると、これが抜群に良い!気持ちが良いだけでなく、コリが軽減され、体が確実に軽くなる。55,500円(税抜)と安くはないが、それだけのお金を払う価値は間違いなくある。
 自営業は体が資本だから、体のセルフケアは大事。HYPERVOLTは毎日の良い習慣になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

Mountek GRIP+

20.8.271.jpg

 妻のフィアット500用に、スマホ車載ホルダー Mountek GRIP+を導入。
 よくあるアーム型やエアコン吹き出し口に取り付けるタイプではなく、CDスロット取付型。アーム型は時間が経つとグラつくし、エアコン吹き出し口タイプは意外に取り付けに制限があるし、エアコンの風を妨げるので個人的には問題がある。
 その点、このMountek GRIP+はCDスロットに取り付けるタイプだから、改造もしなくてよいしスマホを取り付けた時の安定感も抜群。しかも取り付け角度も微調整ができる。フィアット500(先代モデル)のCDスロット位置はやや高めだから、位置的にも見やすくてバッチリ。純正と言っていいくらいの使いやすさだ。ほかの製品よりちょっと高いけど、買ってよかった!
posted by 坂本竜男 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2020年07月28日

ACコンセントのあるモバイルバッテリーが気になる

 ACコンセントのある大容量モバイルバッテリーが気になっている。
 最近のノートPCやデジカメの充電だったら通常のモバイルバッテリーで十分だ。比較的容量が大きくコンパクトで手頃な価格のものがいくつもある。
 だが、僕が使っているMacBook Airは旧型だから、給電はACコンセントの方がはるかに便利だ。出張で大いに役立ってくれるはずである。もちろん、USBでデジカメの充電も可能だ。
 そしてもう一つ、大きな理由がある。それはアナログプレーヤーの買い替えによって、近い将来新たに導入するであるフォノイコライザー用の電源に使えないか、ということである。フォノイコはノイズに弱い。その点、モバイルバッテリーから給電すればノイズ対策になり、音質でも有利ではないかと考えたのだ。
 では、具体的にはどんな製品があるのだろうか。モバイルバッテリーのNo.1メーカーANKERからはPowerCore ACという20,000mAhの大容量モデルがリリースされていたが、これは2,000台限定モデル。今は新品で手に入らない。他のメーカーでもいくつか良さそうなものはあるが、AmazonやYahoo!ショップでの取り扱いがない。そんな中、これは!という製品を見つけた。
51hmgQkLYL._SL1000_.jpg
 Omars 146Wh 40200mAh。モバイルバッテリーとしては少々大きくて重いが、なんと40200mAhという大容量。146Whだからギリギリ飛行機に持ち込めるし、災害時のバックアップ電源としても十分使える。価格もそこまで高くない。これはかなり良さそうだ。
 もちろん、今すぐに必要なものではない。しかし、今後の仕事や緊急時、オーディオのことを考えると一つで何役もこなしてくれる頼もしい存在になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2020年05月31日

ダイヤル式携帯電話

aHR0cHM6Ly9tZWRpYS1tYnN0LXB1Yi11ZTEuczMuYW1hem9uYXdzLmNvbS9jcmVhdHItdXBsb2FkZWQtaW1hZ2VzLzIwMjAtMDIvNzhmNjI3YTAtNTFlNS0xMWVhLTlmYjctNDk2ODE5M2U4OTAy.jpg

 スマホ嫌いのためのダイヤル式携帯電話。組み立てキットが販売されているらしい。これはちょっと面白いな〜。つながり過多な今の世の中に対するアンチテーゼとも言えるね。
posted by 坂本竜男 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2020年03月21日

キリムのオットマン

20.3.211.jpg

20.3.212.jpg

 八女の許斐本家さんで開催中のトルコのキリム展へ行ってきた。トルコの歴史ある織物「キリム」は、様々な模様や柄があるだけでなく、丈夫で風合いの良い伝統工芸品でもある。その中でも今回目を引いたのがオットマンだ。
 底面を除く全面にキリムが張られ、柄も色もバリエーションが豊富。座り心地もとても良く、とても欲しくなる逸品だ。いいお値段するので、残念ながら今回は手が出せなかったが、いつかは欲しい商品だ。仕事、頑張らねば。

posted by 坂本竜男 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2019年12月20日

paisano EXHIBITION

19.12.202.jpg

19.12.203.jpg

19.12.204.jpg

 ランチの後は、お隣のQRAFTSでpaisano EXHIBITION。独特と質感の風合い、色合いを持つバケッタレザーで作られたバッグや財布、小物などの展示である。
 どれも魅力的だが、とくに展示会限定色のオリーバのロングウォレットが、なんとも言えない品のある色合いで強く惹かれた。これは使い込みたくなる財布だ。革そのもののクォリティが高いからこそ、ここまで無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインが生きるのだろう。ジャンルこそ違うが、見習わなければ。
posted by 坂本竜男 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2019年12月03日

来年のスケジュール帳を買う

19.12.3-1.jpg

19.12.3-2.jpg

 来年のスケジュール帳を購入した。書店や文具店で人気の高いスケジュール帳は、僕にとっては多機能すぎる。僕は一月のスケジュールが見開きで書き込める(確認できる)ことが一番重要で、あとは普通のノート部分があれば十分だ。
 今まではナカバヤシのものを使っていたが、より使いやすそうなコクヨのCampusにしてみた。中身は一年のスケジュールが見開きで、各月のスケジュールが見開きであるが、あとはノート部分のみ。僕にとってほぼ理想的な構成だ。
 一月のスケジュールの1日分がナカバヤシよりも広く、しかも方眼になっていて書きやすい。ノート部分も方眼になっているのもポイントが高い。ナカバヤシと同じサイズなのに、より広く使える印象だ。
 来年はさらにスケジュールがタイトになりそうだから、スケジュール帳は大事だね。
posted by 坂本竜男 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2019年08月24日

パリス・ダコスタ・ハヤシマ シャンパン交流会

19.8.231.jpg

19.8.232.jpg

19.8.233.jpg

19.8.234.jpg

19.8.235.jpg

 昨夜はエゴイスタスでもおなじみ、福岡発の高級腕時計ブランド パリス・ダコスタ・ハヤシマのシャンパン交流会。ブランドの第1作目の腕時計「紺碧」を自由に触れることができる。会場ではシャンパンがふるまわれ一味違う方たちが集う、上質で面白い交流会だ。
 久しぶりに実物を目にする「紺碧」は、高級感に溢れ、上質でスマート。「どうだ」という感じが微塵もなく、日本的な奥ゆかしさを持ちながら、どこにもない独自の存在感と品格がある。福岡デザインでスイスメイド。福岡とスイスの素晴らしい職人さんと、ブランド創業者3人の思いとドラマが詰まった逸品だ。改めてその素晴らしさに息を呑んだ。
 そして、3人によるブランドの説明には今までの様々なドラマと強い思いが詰まっているだけでなく、これからこの紺碧によって作られるであろう新しいドラマをイメージさせる素晴らしいプレゼンテーションでもあった。こんな素敵なプレゼンができるなんて、その能力の高さとセンスのよさに脱帽。
 交流会も一味違うもので、たくさんの刺激にあふれていた。そして、良い出会いがあった。早速それは、新しい展開に発展しそうだ。
 素晴らしい交流会にお声掛けいただき、ありがとうございました。
posted by 坂本竜男 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2019年06月27日

コンバース ネクスター

19.6.271.jpg

 普段履きのスニーカーとして、久しぶりにコンバースのローカットを購入した。コンバースでも有名なオールスターではなく、2年前に登場した新シリーズ「ネクスター」である。
 ネクスターは従来のコンバースのデザインと品質をキープしつつ、リーズナブルな価格設定で登場した製品だ。特徴は軽さと履きやすさ。キャンバスならではの軽やかさが心地いい。コンバースならではのシンプルなデザインもそれに貢献している。これはこの夏、出番が増えそうだ。
posted by 坂本竜男 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2018年09月26日

松延工芸のミニまな板とぐい呑

18.9.261.jpg

 先日の八女でのお祭り「あかりとちゃっぽんぽん」での戦利品。九州で唯一、桶の製造販売をされている松延工芸さんのミニまな板とぐい呑。これ、抜群に良いです。
 ミニまな板はフルーツなどを切るのにも最適だし、羊羹などを切って、そのまま皿代わりに出してもいい。ぐい呑は、より日本酒が美味しく味わえる逸品。熱燗だとさらに香りが広がって美味しさが増します。
posted by 坂本竜男 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年08月19日

コクヨ「本当の定規」

18672944_1434144846642748_3285186688945390243_o.jpg

18700751_1434144849976081_340852897623632703_o.jpg

 これはより正確!コクヨデザインアワード2014で、優秀賞を獲得した作品が商品化されたものだ。今のところ15cmしか販売されてないが、30cmと60cmも作って欲しいな。
posted by 坂本竜男 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年07月08日

柳宗理ステンレスケトル

17.7.8.jpg

 ついに購入してしまった、柳宗理ステンレスケトル。やっぱ、モノがいいです。これだけで、お湯を沸かす行為が楽しくなる。買ってよかった!
posted by 坂本竜男 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年06月30日

木工のヒエダ ペンケース

17.6.301.jpg

 またまた我が家に木製の逸品が仲間入り。木工のヒエダ作の木製ペンケース。シンプルながら温かみがあり、とても使いやすい逸品。良いです。
posted by 坂本竜男 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年06月26日

やっぱり

 手に入れたステンレスのコーヒーポットは、やっぱり古い月兎印だった。今の月兎印スリムポットも良いが、この古いポットも佇まいが良い。ちょっとレトロで良い道具を使うって、なかなか良いね。
posted by 坂本竜男 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年06月22日

やかんが気になる

 いいコーヒーポットを手に入れたら、次に欲しくなるのはやかんである。なぜか?
 それまではコーヒーポットがやかんの役割も兼ねていた。しかし、本来はやかんでお湯を沸かし、コーヒーポットに移してお湯の温度を下げ、ハンドドリップをする。それまでのコーヒーポット(1リットル)をやかんとして使えば良いのだが、もっと容量が大きいものが便利だ。そこで、やかんについて、ちょっとだけ調べてみた。
 ちなみに欲しいやかんの条件は、ステンレスか琺瑯。容量は2.0〜2.5リットル。広口タイプであること。IHで使えること。底が張り合わせでないこと。高価すぎないこと(高くても1万円以内)。飽きのこないデザインであること。で、候補に上がったのは…

parusu_to-ho-2352-195193-etr1010.jpg
CBジャパン フラットケトル
琺瑯製。比較的リーズナブルな価格でありながら、スタイリッシュなデザインで場所もとらない。ステンレス製の茶漉しが付いているのも良い。容量は2.3リットル。


81C+1cbw3TL-1._SL1500_.jpg
野田琺瑯 アムケトル
フラットケトルよりもオーソドックスだが、飽きのこないデザイン。琺瑯製だからお湯が沸くのも早いはず。日本製なのも安心。容量は2.0リットル。


yanagi_ktl.jpg
柳宗理 ステンレスケトル
これまた飽きのこない、いいデザイン。使い勝手も良さそうだ。もちろん日本製。容量は2.5リットル。

 価格はCBジャパンが一番安く、柳宗理が一番高い。我が家に一番馴染みそうなのは柳宗理だが、他の二つも魅力がある。使いやすさや耐久性が気になるところだが、見た感じでは価格が高い順に優れているような気がする。まぁ、今すぐ必要なわけではないから、楽しみながら悩むとするか。
posted by 坂本竜男 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年06月21日

木製アタッシュケース、思った以上に使えます

17.6.213.jpg

 もっと利便性の高いアタッシュケースを持っているのに、ついつい木製アタッシュケースを使ってしまう。これは、この製品の魅力ゆえだろう。
 それまで使っているアタッシュケースはスーツのときはいいけれど、カジュアルな服装の時はどうしてもちぐはぐになってしまう。この木製アタッシュケースなら、どちらでも大丈夫だ。
 もともとはA3の紙が折らずに入ることだけを考えていたので、正確にはアタッシュケースというよりもポートフォリオといったほうが良いだろう。そのために、薄型でスタイリッシュではあるが、内容量は少ない。それでもMacBook Air 13inchとノートくらいは楽勝だ。これなら、十分に普段使いできる。稼働率は想定以上に上がりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年06月15日

木製A3アタッシュケース

17.6.151.jpg

17.6.152.jpg

17.6.153.jpg

 昨日アップしていたのは、「木工のヒエダ」さん制作の木製A3アタッシュケース。1年前に、僕が「こんなのできませんか?」と投げかけていたものに対して出来上がったものである。
 A3の書類や図面が綺麗に収まる、やや大きめのサイズだが、薄型でスタイリッシュなデザインだ。それでいて、とてもインパクトがある。シンプルなフォルムながら、ディテールは職人さんならではの仕上がり。見えるところに金属パーツがほぼ無いのもいい。使い勝手もなかなかいい。デザインのプレゼンをはじめ、いろいろなシーンで使いたくなる逸品だ。
 唯一欠点を言うなら、若干重い事。これは強度を確保するためと、木材の反り対策のため仕方が無いのだが、ヒエダさん曰く、もっと軽量化したかったとの事。これはヴァージョン2ができた時には、ある程度改善されるかもしれない。
 とにかく、大満足で使っている木製アタッシュケース。これをベースにいろいろな展開も考えられる。
posted by 坂本竜男 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年06月14日

職人の技とセンスが光る逸品

17.6.141.jpg

 我が家にやってきた、職人の技とセンスが光る逸品。大川家具などを手がける「木工のヒエダ」さん作である。その仕上がりにニンマリせずにはいられない。詳細は後日!
posted by 坂本竜男 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具
Powered by さくらのブログ