2022年05月05日

SOHAPI オフィスチェアを導入!

22.5.51.jpg

22.5.52.jpg

 いろいろ悩んだワークチェアだが、最終的には致命的な悪いレビューが少ないSOHAPIのオフィスチェアを導入することにした。
 届いた商品は、低価格製品では定番の組み立て式だが、パーツ数が少ない上に写真入りの説明書がつき、誰でも簡単に組み立てられる。そして、作業用の手袋までついてくる。ここにメーカーの姿勢が反映されているようにも感じる。これだけでも好印象だ。ちなみに組み立ては10分もかからなかった。
 組み上がって座ってみると、ここは可も不可もない感じ。いい意味でも悪い意味でも驚きはない。ただ、座面のクッションは思ったよりも固め。座り心地は結構良い。個人的には良い印象だ。
 リクライニングの角度は数字以上に控えめに感じるが、僕はそこまで求めてないので問題なし。背もたれと座面の角度は変わらず、一緒にリクライニングするタイプ。これは好みが分かれると思うが、個人的にはこちらのタイプの方が腰にはやさしいのではないかと考えているので、悪い印象は全くない。ただ、合わない人は全くダメだろう。
 今のところ、驚くほどの良さや感激はないが、僕が求めているポイントはしっかりクリアしており、約1万円のワークチェアとしては良くできていると思う。全てが及第点以上だ。突出したものは感じないが、価格の割にネガティブな要素が極めて少ない。あとは耐久性だが、これに関しては使い込んでいかないと判断はできない。でも、それも悪くなさそうな気はしている。案外、このチェアとは長い付き合いになるのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2022年05月03日

SOHAPIのオフィスチェア

 Hbadaのオフィスチェアは見た目は悪くないし、価格も安くて良い。だが、Amazonのレビューを見る限り、1年くらい使うと座面がヘタる、イスが折れて壊れた、などの投稿をちょこちょこ見かける。それで購入寸前までいったけど、一旦保留。ほかにも気になる製品はいろいろあるが、いずれも不良品が届いたという投稿や、座面の薄さなどの指摘が一定数あり、購入するにはリスクがある感じだ。
 そんな中、決定的に悪いレビューがない、同価格帯のチェアを見つけた。

sohapi.jpg

 SOHAPIのオフィスチェア。これも中国メーカーのようだ。
 リクライニングの角度は控えめだが、僕にとっては問題のない範囲。アームレストは跳ね上げ式で、使わない時は邪魔にならない。座り心地はわからないが、レビューで致命的なものがなく、概ね高評価。デザインは白と黒の2色を基調としたもので、僕の部屋にも合う。それに、取説がわかりやすいなどの投稿も、メーカーの姿勢が垣間見得て好印象。今のところ、最有力候補だ。
 あとは耐久性だけが心配だが、この価格帯の製品に高望みをするべきではないのかもね。
posted by 坂本竜男 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

Hbadaのオフィスチェアが気になる

 ワークチェア選びは悩ましい。ずっと使うものだし、デスクワークの人間にとって重要なものでもあるから、ケチらない方が良いという考え方はおそらく間違っていない。しかし、個人的には必要以上に高いものを買わなくても良いと思っている。もっといえば、1万円以内で意外に良いものがあるような気がしているのだ。
 僕がワークチェアに求めるものは、高さの調整ができ、ロッキング機能があり、座面がある程度分厚いもの。そして、背もたれはメッシュ。アームレストはなくても良いが、ある場合は邪魔にならないように動かせること。できればあまり大きくないこと(スペースをとらないこと)。このくらいの条件なら1万円以内でもいろいろあるはずだ。その中でデザインが気に入ったものが候補になる。


Hbada.jpg


 で、良さそうだと思ったのが、Hbadaのオフィスチェア。さっきの条件は全て満たす。価格は実売9,000円ほど。
 Hbadaは中国のメーカーで、日本では店頭での販売はしていないらしい。実物を確認して購入することはできないが、田舎住まいだと他の多くのメーカーでも似たようなものだ。
 気になるのは信頼性と耐久性。Amazonでは結構売れている製品のようでレビューも多い。だが、サクラレビューも多いらしいし、不具合や不良品が送られてきたというコメントも多い。この辺りをどう解釈するかは難しいところだ。当たり外れは中国メーカーに関わらず少なからずある。ただ、ハズレに当たる確率が少し高いのだろう。うまくハマれば大当たりの可能性もある。
 中国製品に対し未だにに根強い偏見などはあるが、中国メーカーの良品が身の回りに増えている身としては、買ってみても良いかな〜という気持ちにはなってきている。さて、どうしたものかねぇ〜。
posted by 坂本竜男 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2022年05月02日

ワークチェアが欲しい

 僕が仕事で使っているワークチェアは、本来はリビング用のイスである。座り心地は良いが、引っ越しして部屋が変わり、作業環境も変わったので、今までのものではちょっと不便になった。キャスターはついていた方が良いし、リクライニングもできた方が良い。高さも変えれた方が良い。そこで、今のイスはリビングで使い、新たにワークチェアを導入することにした。
 しかし、ワークチェアといってもかなりの種類があるし、価格帯も幅がある。座らないとわからない部分も多々あるが、田舎なので試せる製品数が圧倒的に少ない。わざわざ都市部まで出かけて徹底的に実物を見て、できれば座ってみた方が良いだろうし、またその価値はあるとは思うが、しばらくはその時間が取れそうにない。かといって、ネットでの評判だけを頼りに通販で購入するのもリスクがある。
 また、予算もどのくらいまでかけるか悩ましいところだ。高いから必ずしも良いとは限らない。売れ筋は3万円くらいらしいから、そのくらいは最低でもかけるのが一般的なのだろう。でも、1万円以内で評判がよく売れている製品もあるから、それらは検討する価値があるかもしれない。
 今は、とりあえず時間がある時にネットで情報を漁っている最中だ。正直、情報量が多すぎて困惑している。まずは、今の部屋に合う色とデザインで絞り込むという手もあるかな。
posted by 坂本竜男 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2022年04月29日

ハイセンスの50インチ4Kテレビを購入した

22.4.291.jpg

 ハイセンスの50インチ4Kテレビ、50A6Gを購入した。ハイセンスの4Kテレビのエントリーモデルである。
 エントリーモデルだから価格も6万円程度と、4Kテレビなのにかなり安い。しかし、安かろう悪かろうではないのが今の中国製品だ。画質も予想以上に良いし、使い勝手も悪くない。音は正直そこそこだが、それは求めてないので許容範囲。おそらく同価格帯では最強ではないかと思うくらい良くできている。安物感は特に感じない。とくに東芝がテレビ事業をハイセンスに売却してからはさらに品質が向上しており、ますますコスパが高くなっている。
 今や何の抵抗もなく中国製品を選んで満足できる時代になった。中国製品に対する偏見は過去のものになりつつある。個人的にも、撮影機材(レンズや三脚、照明など)はいち早く中国製品を取り入れているし、最近ではUSB-DACの出来の良さに驚いたばかり。この現実をすべての日本人はちゃんと知るべきだろう(もちろん、知っている人は大勢いるが)。
 ちなみにこのテレビのリモコンのデザインも、国内メーカーに比べて何気に秀逸。シンプルでスッキリしたデザインでしかも使いやすい。本来、日本こそデザインはシンプル志向は得意ではなかったのかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2022年04月14日

古代エジプト展のボールペンとペンケース

22.4.141.jpg

 古代エジプト展の戦利品。ボールペンとペンケース。何気にグッズが充実していたので、思わず購入。EGYPTのロゴが入っているものは、古代エジプト展限定。他では買えない商品だそうだ。
 実は、けっこう気に入っています。
posted by 坂本竜男 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2022年03月22日

木工のヒエダのマウスパッド

22.3.221.jpg

 ここ数年、ずっとマウスパッドは使っていなかったのだが、ワークデスクを買い替えたらマウスの使い勝手が悪くなってしまった。そこで、以前いただいた木工のヒエダさんのパウスパッドを引っ張り出してみた。
 すると、途端にマウスの使い勝手が向上。とても具合がいい。見た目も質感も良いし、白いワークデスクによく映える。しばらく眠っていたものが、今は大活躍。お気に入りのアイテムになった。使用する環境で道具の出番は変わってくるね。
posted by 坂本竜男 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2022年02月03日

ワークデスクを考える

 いま、ワークデスクとして使っているのは、150cm × 90cmのダイニングテーブルである。しっかりした作りの木製で安定感は抜群、広さも申し分ない。もう20年くらい使っている。
 だが、重量が重いだけでなく少し威圧感がある。ちょっとゴツいのである。さすがに引っ越し先にこのテーブルはちょっと合わないし、運ぶのも大変だ。
 では、具体的にはどんなデスクなのか?サイズを少し小さくして、見た目も重量も軽いものにしたい。引っ越しは出費が嵩むので、できれば安い方が良い。
 サイズを小さくするといっても、幅は120cmは欲しい。32インチモニターを使っているので奥行きも80cmは必要だ。となると、市販のパソコンデスクでは途端に選択肢が少なくなる。というか、ほぼない?
 そこで考えたのが、奥行きの浅いデスクを2台使う方法だ。これなら幅120cmで奥行きが40〜50cmのものがある。価格は6,000〜10,000円くらい。デザインはそっけないが、ワークデスクとしての強度はある(はず)。
 そして、今使っているものと同様にダイニングテーブルを使うという手もある。これはピンキリだが、希望のサイズが12,000円くらいからある。高級感はないが、パッと見はあたたかみはある感じのものが多いか。
 あとは自作するという手もあるが、意外に材料費が高くつく可能性があるし、自作する時間が取れるかどうかわからない。時間はあまりないが、まだまだリサーチは必要なようだ。
posted by 坂本竜男 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年10月30日

サムスンのSDXCメモリカードを買ってみた

21.10.301.jpg

 サムスンのSDXCメモリカード EVO Plusシリーズの評判が良いので、GX8用に買ってみた。
 買ったのは64GB Class10 UHS-I U1 EVO Plus。GX8は古いモデルなので、UHS-I U3の上位モデルでなくこちらを選択。それでもGX8にはおそらく十分。動画も撮らないし。何より、価格は900円を切るからありがたい。
 これがよかったらUHS-I U3の128GBを買ってみようかな。
posted by 坂本竜男 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年07月04日

トランセンド TS-HUB5C

21.7.41.jpg

 M1 Macにシステムを移行する際、今まで使っていたUSB-AやSDカードがそのままでは使えなくなるので、USB-Cハブは必須である。
 そこで購入したのが、トランセンド TS-HUB5C。本当はアンカーあたりの製品を検討していたのだが、SDカードなどでも実績のあるトランセンドの製品にしてみた。
 決定打はSDカードスロットがUHS-IIに対応していること。USB-Aポートは2つしかないしHDMIもないが、僕の使い方だとそれで困ることはない。それよりもUHS-II対応の方がメリットがある(といっても、現時点でUHS-IIのSDカードは所有してないのだが)。
 使用していて、今のところ不具合も不満もなし。いい選択だったと思っている。写真重視の人には良い製品かな?
posted by 坂本竜男 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年06月12日

ワークデスクを考える

 僕はワークデスクとして、幅150cm・奥行90cmのダイニングテーブルを使っている。天板は無垢材で作りもしっかりしているし、シンプルで広さもあるのでワークデスクとしては使いやすい。
 ワークデスクとしてはやや大きめのこのテーブルにしたのは、当時はまだ液晶モニターは普及しておらず、重くて奥行きのあるブラウン管モニターを使わなければいけなかったことが大きい。しかし、今は液晶モニターだからスペースは余裕ができる。それに部屋をもっと有効に広く使いたいこともあり、ワークデスクを20年ぶりに買い換えることに決めた。
 まずはサイズの設定。幅は90cmでも使えなくはないが、資料を広げたりするので120cmは欲しい。あとは奥行。60cmだとわりと安価で製品数も多いが、モニターを32インチに変更予定なので、さすがにもう少しあった方がよさそう。ではどのくらいがベストなのか。
 これは次のモニター次第ということになりそう。普通の32インチモニターなら奥行は今のまま90cmが良さそうだが、アーム式にすれば80cmでも問題はないかもしれない。今のところ、次のモニターの最有力は標準でアームスタンドを採用しているLGの32UN880-B。これなら奥行は少し減らせそうだ。
 あとは材質。シンプルに鉄骨のフレームに木製の天板を載せるタイプが、デザインもシンプルで価格も手頃だろう。引っ越しのことを考えると、分解できるタイプが望ましい。
 条件が決まったので、早速ネットで検索。すると、意外に該当するテーブルが少ない。これが奥行70cmだともう少し増えるのだが‥。これは自作しかないのか。それとも前回同様ダイニングテーブルで良さそうなものを探すべきか。意外にワークデスク選びもスムーズにはいかないものだ。
posted by 坂本竜男 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年05月14日

Xiaomi 精密ドライバーセット

 カートリッジ交換用の道具類。ピンセットだけではなく、精密ドライバーも紛失していることが判明。早速、どんな製品が良いかリサーチをしていると、こんな製品が目に止まった。

2d3ff831-16cc-468c-9f7b-e7bc5d95e6d4.__CR0,0,970,600_PT0_SX970_V1___.jpg

Xiaomi Wiha 精密ドライバーセット.jpg

 Xiaomi Wiha 精密ドライバーセット。洗練されたデザインで、写真を見る限り品質も良さそう。中国の総合家電メーカーXiaomi(シャオミ:小米科技)の製品だが、ドイツの工具専門メーカーのWiha(ヴィーハ)社が監修しているらしい。ネットでの評価も上々だ。
 正直、ここまでのセットは必要ないのだが、いざというときにこれだけあれば心強いし、なにより所有欲を満たすデザインが良い。場所を取るものでもないし、持っておいて損はないかも。
 早速、購入しようと思ったが、正規では日本に入ってきていないのでAmazonで検索。すると、Wihaのロゴが入っているものと入ってないものが混在している。どちらもXiaomi製の本物で、途中から仕様が変わってロゴが外されたらしい。Wihaを謳っているものは価格が倍もする。もともとは、こんなに高くはなかったはずなのだが。となると、買うならWihaでないモデルか。
 Wihaが外れて同等の品質管理ができているのか疑問は残るが、本国サイトによると同等の性能と品質を保っているとのこと。品質の性能が保たれているのなら、買っても良いのだけれど‥。結局、購入意欲が薄れている自分に気づく。ブランドに左右されている自分がなさけないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年05月13日

ピンセットを検討する

 ターンテーブルマットの導入で、より音楽が楽しくなった。そして自粛期間ということも相まって、レコードを聴く時間が増えている。そうなってくると、いよいよ次はカートリッジ交換だ。
 だが、カートリッジ交換に必要な道具類がいくら探してもない。どうも引っ越しの時に紛失したようだ。
 カートリッジ交換にピンセットと精密ドライバーは必須。そこで、まずピンセットをリサーチすることにした。
 ピンセットと言っても価格も仕様も様々。精度が高く品質も良い医療用はかなりの金額するし、安価なものは100円ショップで買える。ここはある程度精度が高く、作業しやすいものが望ましい。だが、どのくらいのコストをかけたらよいのがイマイチわからない。
 ただ、先がぴったりと面で合わさる精度の高さ、物を摘んだ時に力が逃げないこと、バネの力が強すぎないことなどを考慮すると、ある程度絞られてくるはず。頻繁に使うわけではないので、高額なものは避ける。すると医療用は高価なので除外。モデラー用途の製品を中心に探してみた。

51I7mGQ6edL._AC_SL1500_.jpg
51wMqxDux-L._AC_SL1500_.jpg

 目に止まったのは、プラッツ/MONOのピンセット。模型用に作られた製品で、価格は1,000円程度。この手の製品としてはとても手頃な価格だが、サイトや動画などを見る限り、精度は高いし使いやすそう。Amazonのレビューも概ね高評価だ。
 ストレートタイプと鶴首タイプ、そしてフラットタイプの3種類あるが、フラットタイプは主にデカール用なので、ストレートか鶴首になる。どちらが使いやすいかは使ってみないとわからないが、この金額なら両方買っても良さそう。ひとまず、これが今のところ最有力だ。
 ただ、道具類のリサーチは楽しいので、もう少し調べてみよう。
posted by 坂本竜男 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年03月12日

ジッパープルを買ってみた

21.3.121.jpg

 ジッパープル(もしくはジッパータブ)を買ってみた。ファスナーの開け閉めをしやすくするものだ。色は28色から選べるが、今回はダークレッドをチョイス。

21.3.122.jpg

 早速、ネーエのハードシェルケースのジッパーにつけてみた。アクセントにもなるし、良い感じ。ネーエのハードシェルケースは、ジッパー部分が綺麗に収まりすぎて開け閉めがしにくいことがあったのだが、これで解決。良い買い物でした。
posted by 坂本竜男 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年02月25日

メガネを新調した

21.2.251.jpg

 今日、数年ぶりにメガネを新調した。実は、朝寝ぼけてメガネを踏ん付けて壊してしまったのだ。
 せっかくなので、フレームは素材も色も軽やかに。そしてレンズも軽量、ブルーライトカット&UVカット、キズのつきにくいものにした。今までのものより、軽やかさは段違い。そして、疲れにくくなっているはず。
 これでちょっとだけハードな今の時期を乗り切ろう。
posted by 坂本竜男 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年02月18日

ワークマンが裏返すと作業服に変身するスーツを販売開始!

suits_img1.jpg

 コロナ禍でも業績が好調のワークマンが、裏返すと作業服に変身するスーツを販売開始した。価格は上下組で4,800円(税込)。
 実は知り合いの中でもアグレッシブに動いている人たちに、ワークマンの作業服は人気がある。その性能・機能性に加え、価格も手頃でデザイン性も優れているからだ。
 この作業服に変身するスーツは、僕のように撮影や取材でいろいろなところを動き回りながら、同時に会議やデスクワークをする人間にとって、使い勝手はとても良さそう。カラー展開は今のところ、ネイビーとブラックの二色だが、カラーとデザインの幅が広がり質感が上がっていけば、ひょっとしたら僕のような人間にとってはベストのユニフォームになり得るのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年02月08日

Neewer LEDライト スタンドキットが届いた

21.2.81.jpg

 注文していた、NeewerのLEDライト スタンドキットが届いた。
 スタンド込み2セットで2万円ほどの商品だから、大きな期待をしてはいけない。質感もそこそこ。使用感もそこそこ。明るさはスペックほどでは無い感じだし、スタンドも強度がある感じでは無い。
 だが、使えないかと聞かれると、まぁまぁ使える感じだ。スタンドの高さもそこそこそあるし、2本セットで使えばそれなりに明るくなる。ブツ撮りなど、僕が想定している使い方ならとりあえず十分。本格的な屋内撮影としては、光量は足りないだろう。いずれ、本格的な照明は必要なんだろうけどね。
posted by 坂本竜男 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年02月06日

Neewer LEDライトを注文する

51ApzdFCa4L._SCLZZZZZZZ__SY500_SX500_.jpg

 Neewer LEDライトを注文した。Amazonでもよく売れている製品で、二色660 LEDビデオライトとスタンドキットである。実はしばらくの間、購入するかどうか迷っていたが、Amazonのタイムセールがきっかけになった。
 室内での撮影用というより、メインの用途は妻のピラティスのオンラインレッスン用である。どれだけ使えるか分からないが、レビューを読む限りではハズレを引かなければ十分使えると思っている。
 届くのは休み明けの予定。なんだかんだ言っても楽しみではあるなぁ。
 
posted by 坂本竜男 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年01月24日

ICカードリーダーを購入した

21.1.242.jpg

 ICカードリーダーを購入した。e-Taxによる確定申告のためである。
 購入したのはNTTコミュニケーションズのACR39-NTTCom。接触型で決して新しいモデルではないが、Mac OSにも対応しているし、価格も安い。しっかり実績もあるので、迷わずこれに決めたのだ。
 今年からe-Taxでないと控除額が大きく変わってくるらしい。だが、e-Taxのためにはマイナンバーカードが必要。そこで気が進まなかったのだがマイナンバーカードを作り、ICカードリーダーを購入したのだ。
 これで、ひとまずe-Taxの準備は整った。これから弥生に入力だ。その前に、マイナポイントをPayPayあたりに移しておくかな。
posted by 坂本竜男 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2021年01月23日

ペンケースを買い換えてみた

 今日、ペンケースを買い換えてみた。と言うのも、ネーエのハードシェルケースが思いのほか仕事用のケースとして使い勝手が良く、それに合う薄型のペンケースに変えたいと思っていたからだ。

21.1.231.jpg

 で、選んだのがレイメイ藤井のパタリーノ。収まりの良い薄型ペンケースである。

21.1.232.jpg

 パタリーノの名称通り、パタリと開いて使いやすい。開いた部分はマグネットで固定されるのも、使いやすさに繋がっている。
 薄型なので収納力は大したことはないが、それでもボールペン2本、カッターナイフ1本、印鑑と朱肉(領収証を書くので必要)が収まった。必要最小限ではあるが、普段使いではとくに不自由はしないだろう。
 価格は地元の文具店で税込で990円だった。デザインもシンプルで良いし、質感もそんなに悪くない。何より、ケースの中が一目で把握できるので使いやすいのが良い。良い買い物でした。
posted by 坂本竜男 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具
Powered by さくらのブログ