2016年10月31日

マインドフルネス

 マインドフルネスという言葉を最近、よく耳にするようになった。TVや雑誌などのメディアでもたびたび取り上げられている。なぜ、ここまで取り上げれるようになったのか。それは、その有効性を示す研究結果が次々に見つかっているためだ。
 その前に、マインドフルネスとは何か?実は僕も明確に把握しているわけではない。瞑想に近いものだが、瞑想ともちょっと違う。それらは五感で感じてからの、集中、気づき、覚醒、自覚ではないかと思う。仏教の教えにも通ずるものがある。いや、ひょっとすると仏教の教えそのものかもしれない。
 実は僕の周りに、すでにマインドフルネスを実践している人が少なからずおられる。それを踏まえた事を仕事にされている方もおられる。マインドフルネスは、これからの世の中で最も必要なことの一つなのかもしれないと、個人的には考えている。そういう意味では、それを実践されている方(意識されてない方もいらっしゃるが)に縁があることは大きな意味があると思う。世の中にとって必要なものが今、動き始めている気がする。
posted by 坂本竜男 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教

2016年04月10日

漫画 歎異抄

16.4.10.jpg

 歎異抄を知るために、まずは入門編として漫画から。正直、もう少し何とかならないかな…と思う部分がないわけではないが、それでも最初の入り口としては悪くないかな。
posted by 坂本竜男 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教

2016年04月04日

歎異抄を読んでみようか

 仏教を知ることは、僕たちにとって、とても重要なことだ。その証拠に心に引っかかる言葉は、たいていの場合、仏教と関わりが強い。そんなだから、関心も自然とそちらの方へ向いている。
 今、関心があるのは歎異抄だ。ちょうど、TVで取り上げられているし。ちゃんと知るにはいい機会だ。そこで早速、歎異抄に関する本をいくつかピックアップ。一番、初心者向けだろうと思われる本を注文してみた。届くのが楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教

2016年02月15日

仏教入門(松尾剛次著)

16.2.151.jpg

 いま、日本人が一番知らなければいけないこと、勉強しなければいけないことのひとつが仏教だと思う。ただ、多くの人はよくわかってない。僕もそんな一人だ。
 そこで、ここ数年、いろいろな本をあさっているが、頭に入りやすいもの、読みやすいものはごくわずかだ。今のところ、僕の仏教観は手塚治虫のブッダと、森政弘の仏教入門でできている。これらはわかりやすいし、頭にとても入りやすいのだ。
 とは言え、さすがにそれだけというのもなんなので、読み始めたのがこの本だ。まだ読み始めだが、仏教誕生から日本伝来、そしてそれ以降の日本と仏教を解説してあり、なかなかわかりやすい。楽しみながら読み進めそうだ。
posted by 坂本竜男 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教

2015年05月30日

ロボット博士 森政弘の仏教入門

15.5.30.jpg

 今の仕事、これからの仕事、そして生活に、キチンと日本の仏教を知る事が大事だと思うようになった。そこで紹介してもらったのがこの本。
 宗教の本は大抵、聞き慣れない言葉が多く、言葉遣いも難解な事が多い。しかし、この本はとてもとっつきやすく、そしてわかりやすい。オススメです。
posted by 坂本竜男 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教
Powered by さくらのブログ